FC2ブログ

日光白根山へ

2015年7月29日
菅沼登山口 〜 弥陀ヶ池 〜 白根山 〜 五色沼 〜 弥陀ヶ池 〜 菅沼登山口

RIMG1507290090.jpg


菅沼登山口へやって来た 時間の経過と共に雨粒は大きくなっていく
登山者用の駐車スペースがあるが空っぽだった 誰もこんな日には歩きたくないのだろう
確かに天気は不安定だと予報士は伝えていた
管理小屋に停車した ここも空だ まあこの状態では当然だろう
「不在の場合は登山届けと駐車代金1000円をポストへ入れてください」
1000円は高いと思ったが「登山道維持のため」ではやむを得ないだろう
それにこの素敵な行為としての対価としたら安いものじゃないか
しかし迷っていた 雨の中歩くのは気が進まない 少し考えさせてくれ そうポストに伝えて車を進めた 
隣のお土産屋をプラプラしながら天気の様子を見ることにした
このタイミングでトイレを済ませたいが催さない イメージを膨らませ促す
しかしバスが入って来た あっと言う間に人で溢れ トイレは占領された 車に戻る

この先雨は激しくなるかもしれないし 快晴と転換するかも知れない
嫌になったら帰ればいいのだ ここまで来たのだ 支度しよう
Tシャツの上にレインテックスを来た 眼鏡の視界を確保とフードの固定にキャップを被った
ザックとチェストバッグにカバーを着けた いつものCanonは仕舞いRICHOのWG-4を出した
そしてようやく歩き始めたのは10時半になっていた


RIMG1507290097.jpg


何だかとても疲れている ああ情けない
そう 昨日 いや一昨日あたりからそれを強く実感していた
夕べの帰りの自転車は操縦が怪しかった
でもこうして山に向かえば 忘れてしまうと考えていた
疲れたから寝て過ごす それはモッタイナイ!


RIMG1507290106.jpg


いくら涼しいとは言え この装備は暑過ぎる 雨よりも汗に溺れてしまう
それに深い森となった 雨はその葉が受け止めてくれている
レインテックスのジャケットは脱ぎTシャツ1枚に キャップもチューブスカーフに換えた
そして光りが差し込んだ


RIMG1507290113.jpg


足が挙がらずソールを引きずる音がする そして木の根に躓く
この姿 嫌々歩いている様にしか見えないだろう 

そう昔 通学電車で見た 疲れたサラリーマン 嫌々を顔に滲み出した大人たち
嫌々… ああ大人になんかなりたくない
そんなことを思い出した しかし今の自分はまさにそれだ


RIMG1507290115.jpg


何度も引き返そうとした しかしそれはただ疲れただけの一日で終わってしまう
そして言い訳を探し組み立てるのだ
さあ 背筋を伸ばして前へ進むのだ 


RIMG1507290130.jpg


弥陀ヶ池
このルートを選んだ大きな要因だ


RIMG1507290135.jpg


なに振らついているんだ 情けない
落ちるなよ


RIMG1507290136.jpg RIMG1507290144.jpg
RIMG1507290146.jpg


この風景は早池峰を思い出させた しかし花々は同じものは無かった
シャッターボタンを押す 息を止める そして朦朧とする


RIMG1507290153.jpg


  ピークは何処だ 雲に隠れて全貌が見えない
  一面の白いガスに包まれた この肌触り 街の日常では味わえない心地良さ
  もうこれだけでも十分と言える では帰るか いやいや…


RIMG1507290166.jpg

  
急な登りとなった 思うように脚が上がらない レインテックスパンツを脱いだ
男女のはしゃぐ声がずっと遠くに聞こえていた
目の前に現れたのは父親とはにかんだ小学生の女の子だった 素敵なふたりだった


          RIMG1507290168.jpg


エネルギー不足か 朝の電車でのカロリーメイトの残りを食べる
足を止めて残りを齧る しかし息苦しい それによって呼吸が困難に陥る
立っているのもしんどい めぼしい石を探し腰掛ける 地震か?
心臓の鼓動が 血液が流れが石に伝わる 地球を揺らしているのではないかと思えるほど


RIMG1507290176.jpg


晴れた! いや一瞬のこと


RIMG1507290183.jpg


ピークらしきに辿り着くと そのむこうに新たなピークが…
いつまで続く


RIMG1507290188.jpg


アレこそが白根山山頂だろうか グループが帰り支度の様子
もう14時になろうとしていた 遅すぎだ


RIMG1507290201.jpg

  
あれだ


RIMG1507290204.jpg


あちらにもあるぞ


RIMG1507290207.jpg


14時5分 晴れた白根山山頂 誰もいない百名山に寝転がる


RIMG1507290211.jpg


東の空は 真青な空 真白な雲 カロリーメイトを齧って昼メシとする


IMG_1507290728.jpg


雲が履け 五色沼が姿を見せた 何と言うタイミングだ 遅かった故の光景


IMG_1507290724.jpg


奥に押し込んだCanonを取り出し ズーム この光りと風の中にいたい


          RIMG1507290220.jpg


とは言え 早いところ下りなくてはいけない 入れ違いにひとりの男性が上っていく


RIMG1507290228.jpg


晴れてはいるものの この低い雲がカーテンとなってまわりの山々を隠す


IMG_1507290735.jpg


ああ 足を止める時間が増えていく


RIMG1507290239.jpg


何処にも無い唯一無二の風景


RIMG1507290243.jpg


振り返り


IMG_1507290750.jpg


何度も足を止める


IMG_1507290752.jpg


  


IMG_1507290756.jpg


コンニチハ


RIMG1507290253.jpg





IMG_1507290768.jpg


五色沼避難小屋


RIMG1507290261.jpg


ノックして中の様子を窺う


RIMG1507290263.jpg


ここまで下りてきた 白根山を見上げる


RIMG1507290264.jpg


五色沼に近づきたい


RIMG1507290267.jpg


そうそう水が欲しい 足りない事もないが 味わってみたい


RIMG1507290272.jpg


例えばこの水はどうだ 双子池のようにはいかない?


IMG_1507290785.jpg


もう少しなのだろうけれど… 上りとなったところで引き返すことにする もう上りたくない…


RIMG1507290278.jpg


陽が落ちる 16時45分 急げ


RIMG1507290284.jpg


弥陀ヶ池に戻った 来た道を戻るのは退屈ではあるが 知った道は安心でもある


RIMG1507290286.jpg


こんな風に焦る状況では 参考1時間30分を1時間で下りることが出来た


     IMG_1507290793.jpg


しかし18時20分 遅過ぎ…


     IMG_1507290794.jpg

  
前白根から男体山と中禅寺湖を望む 宿題だ また来るさ


RIMG1507290288.jpg


帰り道 18時50分 この景色に車を止めて





菅沼登山口    10:30
弥陀ヶ池     12:30
白根山      14:05〜14:35
五色沼避難小屋  15:57
五色沼      16:22〜16:50
弥陀ヶ池     17:15
菅沼登山口    18:20

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント