FC2ブログ

タワ尾根を歩いて酉谷山避難小屋に眠りたい 1

2014年5月18日日曜日
一石山神社 〜 タワ尾根 〜 金袋山 〜 篶坂ノ丸 〜 ウトウの頭 〜 酉谷山避難小屋

GWがGWではない種類に属している 人出が少ない日に山へ出掛けられるのは素敵なこと
しかし日曜日 迷ったものの散らばった休みを繋げてお山に眠れるチャンスはごく限られている
日曜日だからこそのホリデー快速おくたま 少しは距離を短縮出来たとしよう 


IMG_1405185780.jpg

9時35分発の東日原行き これでもかという程押し込まれ立っているのも困難だ ここでかなりの体力を消耗した 
川乗橋で半分程が下りた 残りは日曜日の終点となる東日原バス停まで 鍾乳洞までを歩く 
どこを目指したのかネイチャーガイドらしきツアーが大半だった



IMG_1405183409 - バージョン 2

天気には恵まれた 稲村岩を目の前に 雄叫びを上げそうだ





IMG_1405183415.jpg

この青と白と緑と 秘境へとやって来たような風景




IMG_1405183425.jpg

鍾乳洞あたり 鍾乳洞にはまだ行った事が無いな 帰りにでも立ち寄りたい そしてもえぎの湯へと





IMG_1405183426.jpg

一石山神社 こちらが登山口となる





IMG_1405183429.jpg

ここまで登山者らしき姿は無く 鍾乳洞へのバイカーの長い縦列が延々と続いていた





IMG_1405185796.jpg

ここまでの強烈な渋滞の記事を見た事はあったが そんな気配は無かったな…





IMG_1405185793.jpg

神々しい…





IMG_1405185797.jpg

11時 こちらから潜入…





IMG_1405185799.jpg

分かっちゃいるがそれでも下方を覗いていしまう





IMG_1405183436.jpg

承知の上だが登山ルートとは言い難い





IMG_1405183438.jpg

よじ登る感じ





IMG_1405183442.jpg

独りの男性が追いかけて来る こちとら初めてなもんで信用しないでネ





IMG_1405183444.jpg

何度も足を止め天を仰ぐ





IMG_1405185801.jpg

ベンチもある広場でパンツと靴紐を整えていると 「酉谷ですか」 はい 「僕は日帰りなので行ける所まで」





IMG_1405183451.jpg

ふたりして汗だく息切らせながら 気をつけて ではまた 先を行った 軽いって自由…





IMG_1405183458.jpg

急勾配を上り切りタワ尾根に出たところでおばあさまが汗を拭っていた
「今ウトウの頭まで人を送って来たの 酉谷へ行くの?ショウノイワへは行かないの?」はい…?




IMG_1405183464.jpg

「初めてなの?大丈夫?」子供を見るような眼差し 何にでも初めてはある それからは逃れられない
「迷うことがあったら左の高い方を目指すのよ 下りはその反対右の下を目指すの」 はい 分かりました




IMG_1405183469.jpg

「でも先週は90人が走ったからね 踏み跡が残っているわね まあがんばってね」 ありがとうございました
トレイルランニングのレースがあった その主催者に属しているとのことだった 




IMG_1405183466.jpg

金袋山のミズナラ手前 昆虫採集? 網より落ち葉の下を探っている カブトムシの幼虫目当てだな





IMG_1405183470.jpg

金袋山のミズナラ 傷跡が痛々しい あれどっちへ進めば… 忠告を思い出し左へ 正解




IMG_1405183476.jpg

新緑が美しい 来るか否か迷っていたが 出掛けて来て良かった  




IMG_1405183484.jpg

iPhoneのGPSが頼り…は罪だな





IMG_1405185804.jpg

13時を回っていた 腹が減った オールレーズンを食べながら





IMG_1405185812.jpg

避難小屋での夜を妄想する…





IMG_1405183498.jpg

独りで物思いに耽るのか それとも相部屋で語らうのか





IMG_1405185815.jpg

13時25分 篶坂ノ丸まで来た 山と高原地図ではここまで破線




IMG_1405183501.jpg

この先は無印 当然目安時間の表記はない




IMG_1405183502.jpg

切り立った尾根が続く




IMG_1405185818.jpg

こうなれば迷う事もない





IMG_1405183504.jpg

ちょうど一週間にトレイルランニングのレースがあった





IMG_1405183506.jpg

これを走るのは過酷だね





IMG_1405183509.jpg

尾根道も危なっかしいが





IMG_1405183511.jpg

平地なら誤った道を突き進むことになる




IMG_1405183512.jpg

ナイスミドルな男ふたり女ひとり「酉谷ですか?では一緒ですね よろしくお願いします では先行きます」




IMG_1405183513.jpg

これで独り占めは無くなった あちらにしてみればこちらが邪魔者ということだ






IMG_1405185820.jpg

14時15分 ウトウの頭





IMG_1405183517.jpg

ついて行く? いや お先にって言っていたよ





IMG_1405183518.jpg

ではここらで大休止 この荷物 水なしで11kg なかなか優秀だ リッジレスト レギュラーが中に入っている





IMG_1405185828.jpg

迷ったがここで食べておこう 火を使える場所は限られている





IMG_1405183520.jpg

そう言えば ベンチでの男性は戻って来ないな





IMG_1405183523.jpg

そう ここは踏み跡も消え テープも見当たらない ウロウロと探し歩くことに





IMG_1405183526.jpg

こんな具合にテープがあれば… ではテープ設置登山でも始めようか





IMG_1405183528.jpg

トロッコのレールにぶつかった もう少しかな





IMG_1405183531.jpg

鈴を鳴らして駆けて来るのはベンチでの男性 「酉谷に泊まるという3人組がいましたよ」 ありがとうございます





IMG_1405185835.jpg

16時 そんな事よりこの時間にここにいて大丈夫なのか 焦る気持ちがその走る後ろ姿に伺えた 気をつけて





IMG_1405185836.jpg

長沢背稜へ出た 左へ雲取山を目指し奥秩父主脈縦走路を繋ぎたいのもやまやま しかし右へ酉谷避難小屋へ 





IMG_1405183536.jpg

もっと早い時間に到着出来ると思っていた 時間を読めないのもうまくない





IMG_1405183541.jpg

計画よりも事態対処に傾く それは危険と分かっている





IMG_1405183540.jpg

こう立ち止まって写真を撮ることも多過ぎるな 分かっちゃいるけど止められない…





IMG_1405183545.jpg

あスイスイスーダララッタ…





IMG_1405183547.jpg

陽が傾いて来た 小屋には先人たちがいるし 日没まで歩いていようか しかし酉谷山は巻いた





IMG_1405183550.jpg

17時 酉谷山避難小屋が見えた




IMG_1405183548.jpg

テント組もいるのか いや先ほどの3人組だった 「イッパイですよ」と残念そうな表情





IMG_1405183549.jpg

こんにちは 8つの目玉に睨まれた すでに寝袋四つ 満室と言っていい 詰められなくもないが
勘弁してくれ そんな目だ 「テント装備じゃないの?もうスペースないよ」 クールだ
3人組のうち2人はテントで独りが小屋「こんなこともあろうかと用心で持って来たんですよ」



IMG_1405185851.jpg

独り占めだった筈の4人と3人組 4人分のスペースに7人が集った
ツエルトはあるが緊急用の被るだけ 一杯水避難小屋へ流れるか 日没を2時間も歩きたくない
入り口入ったすぐのコンクリートの土間 荷物を移動してもらいスペースを空けてもらうことにした



IMG_1405183552.jpg

まず遮熱用のオールウェザーブランケットを半分折りで敷き陣地を確保 
リッジレストとスパイラルダウンハガー♯3を広げて回復を待つ
「8時に寝て3時半に起きて4時に出発 それならヘッドランプは要らないだろうから」



IMG_1405185856.jpg

独りならまだ後にするところだが そんなに早く寝るというのなら音を立てられない
早い夕飯 カップヌードルカレーごはんとチリトマトヌードル 食べ過ぎだな
迷惑そうな目と哀れむ目とどちらも迷惑なので外で時間を過ごす



IMG_1405185853.jpg

19時 まだ日没には時間がある しかしもう皆さん寝袋に潜っている 
では寝床につくか 歩いた疲れと昨夜の寝不足 まだ明るい空を眺めながら
あっという間に眠りに落ちたようだ

つづく




Instagram
flickr

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント