FC2ブログ

北八ヶ岳 蓼科山 双子山 双子池を巡る

2013年8月21日、22日
北八ヶ岳 蓼科山 ~ 将軍平 ~ 大河原峠 ~ 双子山 ~ 双子池 ~ 亀甲池


IMG_1308223478.jpg

松本で車を拾うことから始まる 何処へ行こう 翌日の行動に準備時間が無い 勝手のわかる北八ヶ岳としよう 
残している蓼科山へ 双子山と双子池も 双子池でキャンプ しかしのパッキングを済ませた天気予報は雨に変わった…
深い溜め息ののちテント泊をバン荷台泊に造り替えた デイパックしたRPMをマットで巻いて押し込んだ

IMG_1308223481.jpg

雨の中では時間を持て余してしまう 行動は22日の単日に絞る 家を出たのは正午辺り
あずさ17号で松本を目指す 松本駅アルプス口へ向かうと北アルプスの山々が視界いっぱいに広がった
あちらへ行きたい いやいやまだ敷居が高い 何より 知識も技術も経験も費用も時間もありません

IMG_1308220293.jpg

車を蓼科山登山口すずらん峠駐車場に向けた トイレもあって整備されている しかし夜を過ごすには…
寝るだけならまだしも食事の時にはハイエナに囲まれそうだ 途中見た白樺湖の駐車場へ引き返した
ビーナス街道を横切るものが 犬かハイエナか キツネだ 岩手山に次ぐ やはり同じように人慣れしている
食べ物が差し出されるのを待っている 野生だからなんて人間のエゴだ ここまで人間社会が支配しているのだ 

IMG_1308220294.jpg

蓼科山の麓 白樺湖の駐車場 夏休みというのに人気もなく閑散としている
廃業して放置されたホテルの姿が虚しい 気温は20℃ 湿度も低く快適である

IMG_1308220296.jpg

満月だ そして雲 星の観賞は叶わないかな 途中コンビにを見た ビールでも買いに行こう
行動食にして非常食のミックスナッツに手をつける 寝床の準備も 月明かりでヘッドランプ要らずだ
荷台の荷台の座席を出して寝たが 荷台にマット敷いた 脚は伸ばした方が眠れる
しかし寒くなって来た さすがにTシャツでは フーディニ さらにレインテックスを着込むほど

IMG_1308223498.jpg

夜が明けた 蓼科山に陽が昇る 


IMG_1308220321.jpg

すずらん峠の駐車場から登山口への途中 ビーナスラインから八ヶ岳の山々


IMG_1308220324.jpg

6時40分 蓼科山登山口


IMG_1308220326.jpg

緩やかな始まり


IMG_1308220329.jpg

朝露に濡れた笹原を掻き分け 


IMG_1308220331.jpg

岩上りとなって


IMG_1308223500.jpg




IMG_1308220343.jpg

やがて北八ヶ岳らしい森が現れる


IMG_1308220348.jpg

そして急登となった


IMG_1308220349.jpg

おみやげはこれでいいかな…


IMG_1308220358.jpg

光と影


IMG_1308220360.jpg

冷やりとした森を抜け


IMG_1308220371.jpg

更なる急登に汗する


IMG_1308220372.jpg




IMG_1308223502.jpg




IMG_1308220381.jpg

縞枯れ現象を見る 強い日差しが肌を刺す


IMG_1308220391.jpg

長い長い上り… 


IMG_1308220393.jpg

そろそろ頂上だろうか


IMG_1308220397.jpg

いや まだまだ


IMG_1308220404.jpg

雲が駆け上がって来る


IMG_1308223511.jpg

通り抜けて 景色が広がる


IMG_1308220405.jpg

北横の大岳での苦戦が思い出された


IMG_1308220409.jpg

蓼科山頂ヒュッテが見えた


IMG_1308220413.jpg

9時30分 蓼科山頂上 2,530.2m


IMG_1308220415.jpg

広い山頂 が一面岩場 


IMG_1308220416.jpg

腰を下ろして落ち着く場所が見当たらない…


IMG_1308220419.jpg

蓼科神社奥宮


IMG_1308220424.jpg

あちらこちらで歓喜の声が


IMG_1308220425.jpg

オールレーズンを頬張りながら 昨夜過ごした白樺湖を見下ろす


IMG_1308220428.jpg

誘惑がいっぱい 


IMG_1308220429.jpg

この年配のご夫婦は強者だな


IMG_1308220431.jpg

まだまだ先がある さあ下りよう


IMG_1308220433.jpg

青い屋根は蓼科山荘


IMG_1308220434.jpg

上って来る人が多い 上り優先 なかなか進めない


IMG_1308220436.jpg




IMG_1308223514.jpg

蓼科山荘 おみやげも充実


IMG_1308223515.jpg




IMG_1308220438.jpg

山木は踊る


IMG_1308220440.jpg




IMG_1308220449.jpg

森を抜け


IMG_1308220454.jpg

双子山と大河原ヒュッテの屋根が


IMG_1308220456.jpg




IMG_1308220459.jpg




IMG_1308220461.jpg

12時丁度 大河原峠


IMG_1308220463.jpg

天然記念物 ベニヒカゲ


IMG_1308220470.jpg

緩やかに30分程上ると双子山山頂 12時半


IMG_1308220472.jpg

蓼科山を振り返る


IMG_1308220473.jpg

そして北横岳


IMG_1308220475.jpg

苦しめられた大岳


IMG_1308220480.jpg

広い山頂 しかしこの草原を駆けることは出来ない


IMG_1308220481.jpg

足を止める場所 腰を下ろす場所がない それでも岩を選び腰掛け 残りのオールレーズンを食べた


IMG_1308220482.jpg

開放したら多くの人が集うことだろう


IMG_1308220488.jpg




IMG_1308220494.jpg




IMG_1308220500.jpg




IMG_1308220501.jpg




IMG_1308220502.jpg

突然 双子池が姿を見せた 雌池 美しい 溜息が出る


IMG_1308220503.jpg

雄池 ここは静かなままを願う


IMG_1308220508.jpg

オヤジさんはお元気でしょうか


IMG_1308220510.jpg

ここでキャンプしたかったな


IMG_1308220521.jpg

畔で釘付け


IMG_1308220532.jpg

焼けた岩に腰掛け 無心になる


IMG_1308220535.jpg

そうそう ここにテントを張って… 未練を残し歩き出す


IMG_1308220538.jpg

双子池から亀甲池への森


IMG_1308220539.jpg

怖いほど神秘的


IMG_1308220541.jpg

つるが伸びて巻かれて引き込まれる


IMG_1308220542.jpg

やがて体から芽が湧いて森の一部となる



IMG_1308223540.jpg
ぐるっとPhotosynths



IMG_1308220543.jpg

エネルギーが満ちている


IMG_1308220545.jpg




IMG_1308220546.jpg




IMG_1308220550.jpg




IMG_1308220553.jpg




IMG_1308220559.jpg

山木は踊る 暴れる


IMG_1308220562.jpg

40分程歩いて亀甲池


IMG_1308220567.jpg

しかし枯れている 双子池には異常を見受けなかったのに


IMG_1308220574.jpg

蓼科山を上り返すのはやめて 大人しく下を歩いて帰ろう


IMG_1308220578.jpg

新しい靴が馴染まない?お手柔らかにお願いします 


IMG_1308220583.jpg

最後は20分車道を歩いて駐車場へ ここまで10時間を越えた




すずらん峠園地駐車場 6:40
蓼科山 2530.3m 9:30〜10:15
将軍平 10:45
大河原峠 12:00
双子山 2223.8m 12:35〜13:00
双子池 13:25〜14:05
亀甲池 14:40
すずらん峠園地駐車場 16:55
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント