FC2ブログ

白がゆ比較 山食 携帯食 非常食

非常用常備食は何を持つか?
非常食、常備食といえば、保存期間に重きを置く傾向があった。関東大震災をとりあげて。しかし昨今、状況は違う。阪神淡路、新潟県中越、東日本大震災を始め、津波、洪水、火山噴火、干ばつと様々な自然災害が起き、メディアで生々しい映像で見ることができる。
もうそれは他人事ではなく、そこに迫る自らの、家族らの危機として能動的に準備をしなくてはならない。
毎日の様に地震が起きている。長期保存では無くても、日々消費するものを多く持っていれば良い。
ただし、水、火、食器類などを失った状況の想定が必要になる。
そのまますぐに食べられるもの、クッキー、ビスケット等のスナック菓子は必要不可欠。しかし、非常時の恐怖と緊張で口の中はカラカラに乾き、疲労も重なり、喉を通り難い。ウェットなものがあると良い。
やはり、腹も心も同時に満たしてくれるはあたたかいご飯。
登山でも用いられるアルファ化米(戦時に火を使えない潜水艦の中でもご飯が食べるために日本軍が発明を命じたもの。)フリーズドライなど湯、水で戻すもの。しかし、水が無ければ役に立たない。
事実、新潟県中越地震 (2004年平成16年10月23日)では、米処を生かして大量のアルファ化米を備蓄していたが、水を確保出来ず、使い物にならなかったと聞く。
ひとつの選択。スーパーで目にするレトルトパックのおかゆ。水分があり、喉を通り易い。老若男女問わず。
値段は重要。一食分、ひとり分でも多く、家族はもちろん、隣人にも。
(自分ひとりで食事、とはいかない。みんなが用意して持ち寄れれば、尚良し。だからみんなに持って欲しい。)
手持ちが賞味期限が迫って来たので、色々、試してみよう。もちろん賞味期限以降が食べ頃と思っている。
食料備蓄のすすめ。

IMG_1965.jpg

左より、GreatValue SEIYU 西友 白がゆ ¥88 / 味の素 白がゆ / TOPVALU AEON イオン 白がゆ ¥78

IMG_1968.jpg

まず質量。同じ250gとは言え、米より水ばかりということは無いのか?比較せずにはいられなかったのだ。

IMG_1973.jpg

ご飯茶碗の傷は、そう、3.11の傷痕だ…。

IMG_1970.jpg

IMG_1971.jpg

IMG_1972.jpg

味は?
味の素からひとくち。シンプルにご飯のおいしい味がした。
つぎにGreatValue 西友、TOPVALU イオンと。どちらも水の味のような…。味の素との比較ではであって、単体では感じないことかも知れない。
また、見た目にも味の素に比べ、GreatValue 西友、TOPVALU イオンは水分が多く見えるが、味の素が一番保有が古いため、米が水を余計に吸っているのか、パックの中で熟成しているのか、そういったこともあるのかも知れない。非常時の想定、常温においてであり、加熱することよって米に水分が吸われるのか。(そもそも加熱することが前提である。)
固体差があるようにも思える。

IMG_1210241228.jpg
笠取山 西御殿岩にて山めし

味の素 おかゆ





山めし 山ごはん 行動食 常備食 保存食 アルファ化米 アウトドアクッキング キャンプ料理 ピクニック 災害 防災 震災 地震 台風 水害 避難
3.11 東日本大震災では東京の街中でも食べ物は消えた。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント