FC2ブログ

雪の天城山「天城越え」ならず

2013年2月14日
天城縦走路入口 ~ 四辻 ~ 万二郎岳 ~ 馬の背 ~ 万三郎岳 ~ 四辻 ~ 天城縦走路入口


IMG_1302141785.jpg

8時の小田原で用事を済ませてやって来た。到着はほぼ10時。遅いスタート。遅過ぎだ。



IMG_1302145550.jpg

「縦走路」に惹かれるがむこうの天城峠、天城トンネルへ出るのは今回は無理。



IMG_1302145553.jpg

突然のこの機会に、情報不足もある。



IMG_1302145554.jpg

華やかさに欠ける分、ネットの情報が少ない。



IMG_1302145556.jpg

「天城越え」はまたの機会に。



IMG_1302141795.jpg

雪は予想の範囲。スパイダーを持って来た。



IMG_1302141797.jpg

下りる時には必要となるかも知れない。



IMG_1302141800.jpg

静かな森を行く。



IMG_1302145561.jpg

新しい踏み跡は固まった雪の上



IMG_1302145564.jpg

古い踏み跡は険しかったようだ。



IMG_1302145565.jpg

示していなければそのまま通り過ぎてしまうような…。そこに景色があるでもなし。



IMG_1302145575.jpg

油断していると所々で足を雪に吸い込まれる。



IMG_1302141809.jpg

その分時間を感覚以上に費やす。



IMG_1302141810.jpg

言ってしまえば、とても退屈だ。



IMG_1302145577.jpg

この雪が無ければ



IMG_1302145581.jpg

どこに愉しみを見出しただろうか…。



IMG_1302141813.jpg

前者の足跡は真っ直ぐに前だけを向き、振り返ることも、立ち止まることもない。



IMG_1302145584.jpg

頼り甲斐のある足跡。ガイドしていただきありがたい。



IMG_1302145586.jpg

静かだ。



IMG_1302145587.jpg

風が吹いて、



IMG_1302145589.jpg

雪が舞う。一瞬にして視界を白く覆い、一瞬にして空気を冷やす。



IMG_1302141817.jpg

妖しく、艶っぽく、



IMG_1302145592.jpg

雪女が手招きしている。



IMG_1302141822.jpg

何者だ?



IMG_1302145595.jpg

厳しさ険しさが心をくすぐる。



IMG_1302145598.jpg

ピークに到着。



IMG_1302145600.jpg

さあ、こっちへおいで…。



IMG_1302141830.jpg

いや、少しの間、



IMG_1302145602.jpg

ここを楽しむよ。



IMG_1302141835.jpg

3分も待てば、熱は完全に奪われる。



IMG_1302141838.jpg

時間は見込みを上回っている。



IMG_1302141839.jpg

雪に足を取られている場合ではない。



IMG_1302145607.jpg

晴れてきた。



IMG_5614.jpg

駆け抜けろ!







IMG_1302141846.jpg

迷える足跡を飛び越えて。



IMG_1302145621.jpg

モタモタしてると…



IMG_1302145622.jpg

日が暮れちまうぜ。



IMG_1302145623.jpg





IMG_1302145625.jpg





IMG_1302145626.jpg





IMG_1302145631.jpg

踏み跡を見失い、ウロウロ…。迷える野うさぎの様…。



IMG_1302141849.jpg

おしまい。



天城縦走路入口 10:13
四辻 10:40
万二郎岳 11:35
馬の背 12:00
万三郎岳 13:20〜14:25
四辻 16:08
天城縦走路入口 16:23

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント