FC2ブログ

雲取山、飛龍山、シャクナゲに萌える 2

2011年6月15日 2日目
雲取山避難小屋 ~ 北天ノタル ~ 飛龍山(大洞山) ~ 禿岩 ~ 前飛竜 ~ 丹波天平


IMG_0668.jpg

物音に目覚める。オバサマ達は朝ご飯中だ。音を立てずに黙々と、いや、こちらに気を使っているのだ。ごめんなさい。起きます。窓は白んでいる。いったい何時だ。おっと、携帯電話はバッテリー切れ。テレビなんて見ているからだ。点けっぱなしで寝た。時計は持たない。携帯電話のバッテリーを交換。オン。もう少しで4時半。やれやれ。このまま寝ようにも落ち着かないし、十分寝た。オン。温かいものを飲もう。紅茶にしよう。タバコを止めたらコーヒーも欲しがらなくなった。あの二つは中毒だ。
薄暗い中で、音が慌ただしくなった。出発の準備。ずっと背を向けているのもどうかと思って顔を向けた。下着を着けていない背中が見えてしまった。慌てて向き直る。ゴメンナサイ。ちまちまと片付けを始めることにする。頃合いを見計らってカメラを持って外へ出る。すっかり霧の中だった。

IMG_0679.jpg

小屋に戻るとオバサマ達の出発するところだった。
「どちらに向かうんですか?」飛竜から丹波に下ります。
「一緒ですね。何時のバスに乗るんですか?」のんびりして間に合うの?そんな調子。すみません。車で来まして。
「飛竜から下りは結構険しい、大変だ。と聞いたんですけど。そうなんですか。」
一度だけ歩いた事があります。ただその時は大雪になってしまって。そういう意味では大変でしたが…。
玄関の辺りは明るく、表情もうかがえて会話も自然に出来た。
「では行ってきます。」気をつけて行ってらっしゃい。「失礼します。」
5時過ぎ。出かけて行った。4月のオジサン達にしてもみんな早い。寝るのも、起きて出掛けるのも。
見習うベきであろう。しかし同じようには出来ない。活動時間が違うとしておこう。もし途中で追いついて一緒になったのなら、駅まで送って差し上げよう。

朝飯。大豆ひじきご飯、みそ汁。水は程よく残った。避難小屋には水場が無い分、必要な量を見極めて背負って来なければならない。湯を沸かして紅茶を入れよう。途中の食事用に。

IMG_0682.jpg

6時。そろそろ荷物をまとめて出発するとしよう。三条ダルミへと下りる。
4月に雪の上をグリベル スパイダーで下りた時のほうが楽だったように思う。
霧雨になった。このままでは濡れてしまう。ザックを下し、レインジャケットとレインカバーを取り出す。
背後に昨日の熟年夫婦2組の姿。おはようございます。「大勢いたけど夕べはみんなあそこに泊まったの?」リーダー的オジサン。いいえ。
4人は山荘に泊まった。みんなすでに雨の装備だった。ずっと昔から使っている慣れたもの。良く馴染んでいた。
ザックにレインカバーを装着、ジャケットを着替えていると、ひとりのおばさまが正面に立った。質問攻めとなる。
あそこは何人泊まれるの?これからどこまで行くの?何処から登ったの?あの岩も行くの?何と言ったかしら。ああそう。ああそうなの。まだ若いからねえ。いいえ、そんなこと無いんですけど。
その眼力。愛しいものを見る目。釘付けにされた。その視線から逃れることは許されない。逸らしてはいけない。そして今にも抱きしめられそうだった。愛しくさえ思えて来た。抱き合って名残惜しむか。違う次元で出会っていたら…。
先輩たちの装備は色も形も古いものばかりだが、ずっと使い続けて良く馴染んだもの、何不自由無い。信頼している。そんな姿は格好良かった。最新で勝負気を出している自分が実に恥ずかしい。
昨日、鴨沢から入り、今日は三条へ下りると言う。こちらの支度が済むのを見守っていてくれた。終わると同時に三条ダルミの分岐を別の道へ歩き出した。それでは、気をつけて。

IMG_0683.jpg

しばらくは平行してお互いが見える。そして見えなくなるところでもう一度お別れをした。素敵な人達だ。

IMG_0688.jpg

7時半。40分程歩いて狼平に出た。すっかり霧雨の中だ。太陽の下マットを広げてうたた寝を。なんて思っていたのに。

IMG_0691.jpg

三ツ山を越える。正しくは三つのコブは跨がずにトラバースする。いつの間にか通り過ぎている。斜面に架けられた木道を歩く。雨に濡れた苔でとてもよく滑る。

IMG_0698.jpg

そういえば花後のシャクナゲばかり見っていのたかも知れない。白い霧の中で露に濡れたピンク色は際立つ。

IMG_0705.jpg

良く言えば、しっとりと柔らかい空気。

IMG_0713.jpg

山木は踊る。

IMG_0717.jpg

北天ノタルに到着。9時になろうとしている。11月に来た時はここから雪となった。

IMG_0726.jpg

今日は霧。シャクナゲ。4月の雪に断念した時、避難小屋で一緒になったおやじさんが教えてくれた。

IMG_0727.jpg

「飛龍は6月に行くと良いよ。シャクナゲが奇麗なんだ。」情感たっぷり語ってくれた。そしてやって来たのだ。

IMG_0728.jpg

この風景になかなか脚が進まない。いったい何回シャッターを切っただろうか。

IMG_0731.jpg

ツツジも

IMG_0743.jpg

コイワカガミも。

IMG_201106140746.jpg

山頂への道が現れた。しばらく平たい道を歩いて来た。果てしなく見える上り道。行く先は霧の中に消えている。

IMG_201106140747.jpg

何を躊躇している。

IMG_201106140749.jpg

また新しい風景に会うのだ。

IMG_0751.jpg

傾斜が緩やかになると霧の苔を纏った樹の美しい森。北八ヶ岳を思い出す。

IMG_0752.jpg

山頂、10時。森の中で遠望は無い。霧のせいもあるが。山頂は遠望のためにあるのではない。

IMG_201106140754.jpg

充分心地良い。

IMG_0755.jpg

飛龍権現へと下りる道はシャクナゲの回廊となる。

IMG_201106140759.jpg

歩いても、

IMG_201106140761.jpg

歩いても、

IMG_201106140765.jpg

転んだけれども、

IMG_0767.jpg

シャクナゲの回廊。






IMG_0768.jpg

飛龍権現まで下りて来た。

IMG_0769.jpg

進めるのだ。そう、禿岩へ。

IMG_0775.jpg

シャクナゲの道。

IMG_0776.jpg

分かってはいたが、この霧、視界ゼロ。

IMG_201106140777.jpg

また来るさ。小休止。

IMG_201106140778.jpg

オバサマたちは無事だろうか。

IMG_0783.jpg

インターバル1時間。追いつくことはないかな。難しいことはないですよ。と言ってしまったが、

IMG_0784.jpg

なかなか手強い岩場だ。ここを始めて歩いた時は岩と言うより雪に参ってしまったからな…。

IMG_0786.jpg










IMG_0794.jpg

初雪にして大雪。滑り止めを持たず、下りたと言うより落ちたが正しいだろう。あの時は「終わり」を意識した。

IMG_201106140802.jpg

また天気が悪い?いや、今日にしか出会うことが出来ない情景だ。

IMG_0806.jpg

この絶景に出会える確率のほうが低いのだ。

IMG_0808.jpg

この霧、新緑。咲き誇り、そして散り行く花々。それは太陽の日差しの中よりも美しく。

IMG_0814.jpg









IMG_0819.jpg

しかし、急激に闇へと…。

IMG_0821.jpg

急ご…。

IMG_0828.jpg

丹波天平へ。

IMG_0833.jpg

お気に入りの樹。フォトジェニック。

IMG_0835.jpg

そうだ、次は大菩薩嶺へ行こう。


雲取山避難小屋 6:20
三条ダルミ  6:45
狼平 7:30
北天ノタル  8:57
飛龍山(大洞山)(2,077.0m)9:55
禿岩 11:13
前飛竜 12:09
サヲウラ峠  14:25〜14:45
丹波天平 15:18
丹波小学校  16:23
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント