FC2ブログ

丹波天平へ

2010年6月9日 雨のち曇り
親川 ~ 保之瀬天平 ~ 丹波天平 ~ サヲウラ峠 ~ 熊倉山(火打岩) ~ 丹波


P6090264.jpg

いつものように鳩ノ巣で夜を明かし、朝車で丹波へ。

P6090151.jpg

雨だった。今日は低い、そして平たい尾根歩き。行く先は霧の中。雨の中を歩くのも悪くない、としよう。
レインテックスで身を包むものの、バス停まで歩く中、雨は止んだ。

P6090152.jpg

親川で下車。レインテックスは脱ぎ、ザックカバーは着せたままに。熊除けベルをスタンバイ。

P6090153.jpg

民家のすぐ裏から。おはようございます。お邪魔します。

P6090160.jpg

霧が風に踊っている。

P6090161.jpg

光りが差し込み、景色を生む。

P6090166.jpg

荒廃した家屋、部落を通り抜ける、哀しいと言おうか、目を背けてしまう。写真は無い。

P6090173.jpg

保之瀬天平のゴミも酷いものだった。公園の花見の宴の跡。いつの日か賛同者を集めるか。ひとりでは手に負えない。

P6090176.jpg

静かな赤松の森。

P6090189.jpg

やわらかな光りが若葉を、

P6090192.jpg

花を透かす。

P6090200.jpg

丹波天平。

P6090203.jpg

まるで公園のよう。

P6090207.jpg


P6090209.jpg

やっぱり木漏れ日っていいな。

P6090218.jpg

山木は踊る。何て複雑…。意思を持っているようにしか見えない…。

P6090221.jpg

丹波山展望台あたり

P6090222.jpg

静か過ぎる。

P6090224.jpg

サヲウラ峠までやって来た。さてと、どうするかな。あわよくば、飛龍までと思っていたが無理だな。

P6090227.jpg

昼メシしながら考えよう。三条方面?半端だが、熊倉山までとしよう。それにしてもこのおにぎり、塩が足りない。

P6090251.jpg

おっと着いてしまった。何も無い。丹波天平へ引き返して向こうで佇もう。

P6090261.jpg

人ひとり会うことはなかった。唯一は荒廃した親川の部落にいた、熊だ!と身構えたら、人の気配に怯えて逃げた野犬。

P6090262.jpg

剥がれ落ちた樹の皮を敷いて、アルコールストーブを出す。積もった枯れ葉、火器厳禁だったかな。要注意。

TS3E1439.jpg

コーヒーバッグを淹れながら、デンデーロについて思いを馳せる…。

P6090269.jpg

てんだいら→でんでーろ。単純に山梨弁?甲州弁?親戚の会話を思えば納得する。自分にもその血が流れてるし。
丹波小学校方面へ下りる。丹波川の音色が心地良い。このままここに留まってしまってもいいな。


親川 8:35
丹波天平 10:55
サヲウラ峠  12:05〜13:00
熊倉山(火打岩)13:43〜13:51
サヲウラ峠  14:21
丹波天平 14:55〜15:40
丹波小学校 16:40
丹波駐車場  17:00
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント