FC2ブログ

大湧谷から駒ヶ岳周回。 箱根の山歩 その2

2012年11月27日
大湧谷 ~ 冠ヶ岳 ~ 神山 ~ 駒ヶ岳 ~ 箱根元宮 ~ 大湧谷  


IMG_1405_convert_20121218002013.jpg

箱根の山行きを決め、深夜に出発、中井P.A.で朝を迎える。

IMG_1412.jpg

ここに住む猫。人気者。

IMG_1413.jpg

喫煙ブースの中で丸くなって寒さを凌ぐ。

IMG_1414_convert_20121218002100.jpg

ぶどうパンを分け合って朝食にした。

IMG_1425_convert_20121218002131.jpg

8時過ぎの小田原で用事を済ませ、今日は大湧谷へ。 寒いっ。

IMG_4981_convert_20121218002439.jpg

陽が当たらず、冷たい風。ニューアイテム、ブラックダイヤモンド デジタルライナー に登場願おう。

IMG_4985_convert_20121218062205.jpg

玉子茶屋。あちらへは何度か行った。そしていつも山が気になっていた。

IMG_4991_convert_20121218002530.jpg

前回、時間を過ごした丸岳。

IMG_4992.jpg

歩いた尾根。

IMG_4993_convert_20121218061109.jpg

そして通り抜けたゴルフ場…

IMG_4998.jpg

金時山と違い、人気の無い静かな道を行く。

IMG_4999_convert_20121218002636.jpg

塞いでいる様にしか見えない。跨いで行く。

IMG_5004_convert_20121218002728.jpg

歩いていれば寒さは感じない。陽も出て来た。

IMG_5006_convert_20121218002805.jpg

狭く、木に囲まれ景色はないが、ここで小休止、おにぎりを食べる。空かさず、満たさず。

IMG_5010_convert_20121218002843.jpg

金時山が見えた。

IMG_5015_convert_20121218002916.jpg

ここがピーク。やはり木に囲まれ景色はない。いくつかのパーティがランチ中、または支度中。通過する。

IMG_5034_convert_20121218002948_convert_20121218062303.jpg

苔の上に落下したマユミの実。昨日の雨で泥濘が酷い。スニーカーのオジサン達は苦悩の表情。

IMG_5037_convert_20121218003040.jpg

駒ヶ岳現る。「手入れがされていないな。」と登山靴のオジサンが怒っていた。

IMG_5046_convert_20121218003135.jpg

空に向かって上る。

IMG_5049_convert_20121218003209.jpg

箱根駒ヶ岳ロープウェイ山頂駅。これで上がったことはあった。

IMG_5051_convert_20121218003247.jpg

その時もそうだった。

IMG_5052_convert_20121218003347.jpg

強く冷たい風が吹き、メインイベント「母上の野点」を断念したのだ。

IMG_1433_convert_20121218002312.jpg

晴れているのに厚い雲が光りと温もりを遮る。

IMG_5058_convert_20121218003805.jpg



IMG_5062_convert_20121218003849.jpg



IMG_1436_convert_20121218002343.jpg



IMG_5072_convert_20121218062442.jpg



IMG_1447_convert_20121218002410_convert_20121218062106.jpg

駒ヶ岳箱根元宮

IMG_5076_convert_20121218003929.jpg

相模湾

IMG_5081_convert_20121218061306.jpg

丹沢の山々。 お中道で大湧谷へ。

IMG_5083_convert_20121218061352.jpg

途中、人影が…。山じゃないガールがふたり、立ち往生している?
「すいませーん。あそこに行きたいんですけど、この道でいいんですか?」と玉子茶屋を指す。
いやいや全然違う。と山のテッペンを指す。
「わあ楽しそう。山登りしようか?時間掛かります?」「やだよ!」
もうすぐ日が暮れちゃうからね。

IMG_5084.jpg

「そーかー。じゃあ今度は山登りの格好して来ようよ〜。」「いやだ!!」
「でもこのお兄さんがいなかったら、先まで行っちゃってたね。ありがとうございました〜。」「…!」
お兄さんに気を良くし、危なっかしいハイヒールを見守りながら下りる。

IMG_5090_convert_20121218061512.jpg

玉子茶屋への道はあっちだね。それじゃあ。

IMG_5092_convert_20121218061546.jpg

スパッツと靴の泥を落とし、帰り支度を始める。

IMG_5093_convert_20121218062536.jpg

そうそう、催促されたおみやげを…

IMG_5095_convert_20121218061642.jpg

月が浮かび、

IMG_5097_convert_20121218061708.jpg

空が赤く染まり出した。寒い、しかしこの景色を見過ごすことは出来ない。

IMG_5105_convert_20121218061738.jpg

じっと立ち止まりこの時間の流れを見つめる。

IMG_5108_convert_20121218061805.jpg

間もなく日が暮れる。箱根神社へ行って見よう。

IMG_1541_convert_20121220123002.jpg

箱根神社参道。

IMG_5126_convert_20121218061830.jpg

箱根神社の満月。





大湧谷 9:50
大湧谷分岐  10:27
冠ヶ岳(1,412m) 11:15 〜11:30
神山(箱根山1,438m)11:50
駒ヶ岳箱根元宮(1,356m)12:52〜13:40
防ヶ沢分岐  13:57〜14:17
大湧谷 15:50
スポンサーサイト



関連記事

荒川の橋の上から 夕暮れ

2012年11月14日
荒川の橋の上から



IMG_4886.jpg





IMG_4895.jpg





IMG_4891.jpg




IMG_1211241359.jpg



IMG_1211241372.jpg



IMG_1211241371.jpg

ダチョウのカルパッチョ

IMG_1211241373.jpg



IMG_1211241374.jpg

ハーブ豚バニラビーンズ焼き

IMG_1211241364.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村


関連記事

金時山から長尾峠。そして長安寺へ。 箱根の山歩 その1

2012年11月8日
公時神社登山口 ~ 金時山 ~ 乙女峠 ~ 丸岳 ~ 長尾峠 ~ 長安寺


IMG_4727_convert_20121212021443.jpg

小田原への用事が出来た。そうだ、なかなか行かないでいた金時山へ行こう。前日決定、前夜発。中井P.A.の月。

IMG_4730_convert_20121212022818.jpg

公時神社から。

IMG_4732_convert_20121212022853.jpg

歴史を感じる、大木の立ち並ぶ参道を歩く。

IMG_4737_convert_20121212022924.jpg

老若男女、なかなかの賑わいで高尾山を彷彿させる。

IMG_4742_convert_20121215182941.jpg

小気味良く追い越して行くが、ひとり呼吸を荒げて汗を掻いている。

IMG_1304_convert_20121215180036.jpg

一時間程で山頂へ出ると、雑誌などでよく見たその光景が広がる。山仲間を作るには良さそうだ。ちょっと汗してこの眺望に出会う。

IMG_4748_convert_20121215175952.jpg

茶屋を覗いて見るが、金時娘の姿を確認すことは出来なかった。

IMG_1310_convert_20121212022450.jpg

準備、情報収集不足とは言え、これで下りるのはもったいないな。大湧谷、駒ヶ岳周回へハシゴでもするかな。

IMG_4749_convert_20121212023035.jpg

富士山は裾野まで丸見えだ。その向こうに南アルプス。

IMG_4750_convert_20121212023104.jpg

引いたり、寄ったり。いつどこで見ても飽きること無く、見入ってしまうな。

IMG_4756_convert_20121212023141.jpg

絶え間なく人が集まって来る。乙女峠方面の尾根を行こう。

IMG_4761_convert_20121215183030.jpg

大湧谷を望む。次の機会はあちらを攻めよう。

IMG_4774_convert_20121215183102.jpg

色付き始めと言ったところか。

IMG_4784_convert_20121215183159.jpg

乙女峠。ここから金時山へ向かう人達も多いようだ。

IMG_4786_convert_20121215183235.jpg

尾根歩きは良いな。箱根外輪山。一周するべきだな。

IMG_4787_convert_20121215183304.jpg

あいさつが返って来ない山ガールたち。

IMG_4788_convert_20121215183355.jpg

それはひとり、または3人。

IMG_1313_convert_20121215182903.jpg

ひとりは好き勝手に、ふたりではぶつかり、3人は中和する。そんなところか。

IMG_4798_convert_20121212023450.jpg

どうでも良い…。

IMG_4809_convert_20121212023618.jpg

紅葉した葉が目につき出す。

IMG_4823_convert_20121212023733.jpg

来て良かった、と思わせる景色が続く。尾根歩きは大好物である。

IMG_4819_convert_20121212023654.jpg

金時山を振り返る。

IMG_1317_convert_20121212022524.jpg

脚を緩め、歩きながらのおにぎり。これ気に入った。空かさず、満たさず。

IMG_4831_convert_20121212023813.jpg

丸岳でザックを下ろす。「何処から来たの?俺は地元。いい眺めでしょ。この間、この前にあった木を全部切ったんだよ。家からずっと歩いて来たんだ。何処まで行くの?下を歩いて帰るの?それはお勧めしないね。だったら乙女峠に戻って、そこで下りた方がいいな。じゃあ楽しんで。」

IMG_4837_convert_20121212023859.jpg

忠告に従って来た道を戻る。同じ道でも、逆方向では光りも違い、同じ風景ではない。

IMG_4844_convert_20121212023938.jpg

あっさり乙女峠に。待て待て、これで下りてもやはり足りない。時間はある。より遠くへ、その向こうへだ。

IMG_4847_convert_20121212024012.jpg

また丸岳へと。後日歩くことになる明神ヶ岳、明星ヶ岳。

IMG_4848_convert_20121212024047.jpg

そして大湧谷、駒ヶ岳。

IMG_1320_convert_20121212022603.jpg

ここでゆっくりしよう。道具を広げ、湯を沸かしてコーヒー。

IMG_4856_convert_20121212024122.jpg

予定通り長尾峠を下りるとしよう。

IMG_4858_convert_20121212024206.jpg

突然様相が変わり、ハコネザサの密林。

IMG_4859_convert_20121212024302.jpg

下りるとそこからは長い長いゴルフ場、車道歩きとなる。真っ直ぐ長安寺に出れるな。行こうぞ。

IMG_1328_convert_20121212022635.jpg

ここは進化し続け、また様子が変わっていた。

IMG_4860_convert_20121212024347.jpg

それでも相変わらず落ち着き、安らぐ。

IMG_1334_convert_20121212022711.jpg

脚を止めていると流石に寒い。間もなく日も暮れる。帰るか。

IMG_1337_convert_20121212022745.jpg

乙女峠、ふじみ茶屋に車を寄せて。





公時神社登山口 9:20〜9:30
金時山(1,213m)10:35〜11:00
乙女峠 11:50
丸岳 12:45〜14:40
長尾峠 15:10
長安寺 16:30〜16:50
公時神社駐車場 17:00
関連記事

ヒガシノソラ

2012年11月7日午前6時30分



IMG_1293.jpg






空 朝 夜明け 朝焼け 御来光 日の出 太陽 お日様 sunrise


関連記事