FC2ブログ

奥多摩 鳥屋戸尾根 笙ノ岩山のブナに逢いたい

2015年5月20日
倉沢 棒杭尾根 〜 蕎麦粒山 〜 鳥屋戸尾根 笙ノ岩 〜 川乗橋

ひとつ区切りがついたとし お山に出掛ける 実に去年の9月以来だ
蕎麦粒山で出会った「鳥屋戸尾根が大好きなんですよ、いやブナがね〜」
それからちょうど一年が経っていた


       IMG_15052008464.jpg


引越しをしたが奥多摩との距離はそれまでとは変わらない
始発に乗って奥多摩の駅に着くのは8時2分
そして8時10分のバスに乗る 平日だと言うのにこの賑わいったら…


IMG_15052008466.jpg


大半が川乗橋で下車 その先の倉沢へ 
他にソロ男性ふたりが降りた 準備に時間をかけて遅れて出発することにする
林道 棒杭尾根で蕎麦粒山へ 目的はその先 鳥屋戸尾根 笙ノ岩山辺りのブナ


          IMG_15052000117.jpg


去年の今頃 酉谷山辺りを歩いた
ひとりは「鳥屋戸尾根じゃないの? 笙ノ岩山へは行かないの?」
ひとりは「鳥屋戸尾根が好きなんですよ ブナの林がありまして…」


IMG_15052008469.jpg


そしてやって来たのだ 1年も経ってしまったが…
思い入れのある尾根 それはミサカ尾根
最初の出会いは早過ぎた大雪に死をも覚悟した


IMG_15052000120.jpg


その時もその圧倒的な存在感に魅了され足は止まり立ち尽した
その後の雨期の日も秋の色付く季節も
無意識の内に足を止めて佇む


IMG_15052000121.jpg


新緑を期待して来た
ちょうど去年の今頃 いいタイミングのはずだった
しかし今年は異常なほど 高温の日が続いていた


          IMG_15052000126.jpg


新緑は深緑と言ってもいい程
春を通り越し夏へと移り変わってしまった様相だ
しかし6月のブナの林も魅力的だった


IMG_15052000127.jpg


吸い上げた水を吐き出し
周囲を霧で包み込む
ブナの呼吸を五感が反応する


          IMG_15052000151.jpg


それは雲取山避難小屋で夜を共に過ごした紳士
4月 消えたはずの雪がその日の前夜に景色を巻き戻した
「飛龍へ行くなら6月がいいよ シャクナゲが見事だよ」


          IMG_15052000148.jpg


そして出掛けた
雲取山から飛龍山までのシャクナゲに圧倒され
下り ミサカ尾根のサオウラ峠手前のブナに圧倒された


IMG_15052000146.jpg


それからだろう
山のピークよりもそのプロセスである尾根歩きに魅力を感じ
素敵な尾根探し歩きへとなったような気がする


IMG_15052000155.jpg


しかし長い林道歩き
こう色々思い返すにはいい時間かも知れない
「山登りは妄想の時間だ」と言っていた


       IMG_15052008482.jpg


アスファルト舗装されていないのは救いだ
和田峠と陣馬高原のバス停の間
ヤビツ峠と表尾根登山口の間


       IMG_15052008483.jpg


あれはとても不快だ
それまでの喜びをかき消されるようで
何だか罰ゲームのような


IMG_15052008485.jpg


歩き始めて1時間と15分くらい
早いのか遅いのか 地図には参考時間表記はない
まあ早いことはない


IMG_15052000173.jpg


ようやく登山口となった その表記はないが様相が変わる 棒杭尾根
「途中幾つか崩れているところもありましたけど まあ大丈夫でしたよ」
1年前の話しだ


IMG_15052000176.jpg


今日まで時間があいたせいか
それとも退化しただけなのか
疲労度が進んでいるじゃあないか


IMG_15052000180.jpg


カメラに手子摺っていることもそのひとつ
オートフォーカスは狙ったところにピントを合わせてくれないし
マニュアル操作もスピーディーには行かないし


          IMG_15052000182.jpg


安価なコンパクトのせい?
そろそろ上級機を手に入れたい が投入するオカネはなく
そして間違いなく連鎖拡大し続ける買い物がコワ〜い


RIMG15052000008.jpg


長〜い急登 切り立った細い尾根
奥多摩秩父らしい憎くも愛おしい風景だ
久しぶりなのでお手柔らかに


IMG_15052000190.jpg


そんなこんなで更に1時間
ようやく天目背稜に合流
やれやれ ここまで3時間を要した


IMG_15052000191.jpg


去年はここに「尋ね人」があった
今は撤去されていた
無事であったなら良いが


IMG_15052000193.jpg


シャクナゲの新芽
シャクナゲには早く
深緑には遅い


IMG_15052000195.jpg


そうそうブナだね
鳥屋戸尾根のブナ
期待が高まる


IMG_15052008492.jpg


そう去年はこの花を目当てに歩いていた人もいた
それぞれ見出す価値には違いがあって
故に新しい発見や感動がある


IMG_15052000201.jpg


しかしそれを良しとしない 
自分と違う物事を否定する
そして争いごとになる


IMG_15052000206.jpg


さてと蕎麦粒山に立った
良い眺めだ 次はこ道を行くぞ
熟年夫婦と若人三人組みが陣取っていた


          IMG_15052000208.jpg


なあ君たち 頂上へ来たら記念写真を撮るだろう
だからそこを退きたまえ
と優しく心で唱えると 察したのか退いてくれた


IMG_15052000212.jpg


午後1時になろうとしていた
持って来たカップヌードルリフィルチリトマトヌードルを食べるとする
それにしてもまとわりつく虫がうっとおしい


IMG_15052000214.jpg


ランチ中に皆様は川乗山方面へ消えた
さっさと片付けさっさと出発だ
歩きは遅いし ブナの林に釘付けになるかも知れない


          IMG_15052000217.jpg


破線ルートで時間の記載がなく 目安にするものがない
奥多摩行きのバス 16時台のには乗りたいな
だって もえぎの湯 にも行くんだぜ


IMG_15052000218.jpg


さて帰る時間を優先するか
ここで過ごす時間を優先するか
マイカー時代はほとんど気にしなかったな


RIMG15052000010.jpg


ところどころにヤマツツジ
紅一点のように際立つ
光り透かして艶っぽい


IMG_15052000219.jpg


天然のブナ
しかし半分は杉の植林
この光景がずっと続く


IMG_15052000220.jpg


川乗山
その時も山頂までの渓谷歩きが良かったな
百尋ノ滝辺りでカモシカに出逢えたし


IMG_15052000225.jpg


それはそうともうすぐ笙ノ岩山
GPS確認した
確か笙ノ岩山手前と言っていたな


IMG_15052008497.jpg


14時45分 笙ノ岩山
見落としただろうか
特に目立ったものは無かった…


IMG_15052000235.jpg


そうだな 人それぞれ感じ方は違うのだ
そう もう一方も ブナ?と首を傾げていたっけ
そして言いたい ミサカ尾根のブナを観てください!


IMG_15052000237.jpg


それにしてもこの長〜い葛折りの奥多摩特有のもうそれはそれはシンドイあ〜
この下り坂はいつまで続くのだ!
勘弁しておくれ〜


       IMG_15052008499.jpg


       川乗橋バス停 16時 到着まで30分
       期待した風景には出逢えなかったが
       山歩きを久しぶりに堪能したな


             IMG_15052008500.jpg

             IMG_15052008502.jpg

             

             ヤメラレナ〜イ


スポンサーサイト



タワ尾根を歩いて酉谷山避難小屋に眠りたい 2

2014年5月19日月曜日
酉谷山避難小屋 〜 酉谷山 〜 七跳山 〜 三ツドッケ(天目山)〜 一杯水避難小屋 〜 蕎麦粒山 〜 ヨコスズ尾根

4時 2人か3人の支度して出掛けて行く様子を 寝袋の中で見守る
今日の行程は長沢背稜を歩き三ツドッケ(天目山) 一杯水避難小屋に荷物をデポ 蕎麦粒山をピストン
ヨコスズ尾根を下りる 鍾乳洞 そしてもえぎの湯へと


IMG_1405193553.jpg

5時 荷物を小屋に残して昨日捲いた酉谷山(黒ドッケ)を目指す 3人組が残っていた





IMG_1405193558.jpg

朝の斜陽の景色は特別な思いにさせる ひんやりとした空気と太陽の温もりを同時に感じる 





IMG_1405193563.jpg

展望のある山頂ではないが





IMG_1405193564.jpg

富士のお山と





IMG_1405193569.jpg

お月さん





IMG_1405193572.jpg

サブザック SEA TO SUMMIT Ultra-Sil DayPack 昨夜作り置きした紅茶 この時間を楽しむ





IMG_1405193584.jpg

若葉が太陽の光りに踊る





IMG_1405195867.jpg

小屋へ戻る ただいま テントと寝袋3つが日干しされていた




IMG_1405193599.jpg

3人組みが昨夜の代替えの宴中 「我々は熊倉山(蝉山)へ行くだけだからのんびりです」





IMG_1405195872.jpg

朝飯には賞味期限切れのアルファ化米赤飯をお外で 遠慮?いいえ お外がいいに決まっている




IMG_1405193604.jpg

一瞬 誰もいなくなったところをカメラを向けるも 薄暗くこのザマ





IMG_1405193605.jpg

6時半 ではお先に行きます 「いってらっしゃ~い」





IMG_1405193608.jpg

清々しい空気に心躍る





IMG_1405193612.jpg

振り返ると小屋が見えた





IMG_1405193618.jpg

秩父奥多摩縦走路とを繋げたい





IMG_1405193622.jpg

芋ノ木ドッケとタワ尾根ノ頭(滝谷ノ峰)の間を埋めるのだ





IMG_1405193626.jpg

そのルートの入口と出口





IMG_1405193630.jpg

帰ったらプランを練ろう 熊倉山へ行くと言っていた 破線ルート 気になる…





IMG_1405193634.jpg

鳥を撮るのはホント難しい ミソサザイかな?




IMG_1405193635.jpg

一応ピークは踏んでおこう





IMG_1405193641.jpg

ザックを置いて空荷で駆け上がる





IMG_1405193645.jpg

七跳山 広い雑木林の中





IMG_1405193652.jpg

ザック回収 先を急ごう





IMG_1405193656.jpg

歩きが遅いからね





IMG_1405193661.jpg

すぐに足を止める





IMG_1405193667.jpg

しかし今この瞬間にしかない風景





IMG_1405193668.jpg

ヒガラ





IMG_1405193678.jpg

背くことは出来ない





IMG_1405195896.jpg

9時 小さく ハナド岩





IMG_1405195906.jpg

歓喜の展望! 秩父奥多摩縦走路 飛龍の禿岩 唐松尾山と将監峠間の西御殿岩 その類い 





IMG_1405193682.jpg

一週間もすればもう違う景色なのだろう





IMG_1405193691.jpg

三ツドッケ(天目山)分岐 見落として捲いてはいけない





IMG_1405193689.jpg

本日のメ~ンエベント!





IMG_1405193697.jpg

さあ 勿体振らずに





IMG_1405195912.jpg

林を抜けると一面に空が広がる!








IMG_1405195915.jpg

札がいっぱい… オリジナルをこさえて持ち込む?





IMG_1405195919.jpg

君臨!富士のお山はやはり特別だ





IMG_1405195922.jpg

小腹が空いたらCRIF BAR





IMG_1405193725.jpg

では一杯水避難小屋を目指そう





IMG_1405193727.jpg

見えた 昨夜にここへ移動していたとすると… ここまで3時間掛かっている…





IMG_1405193730.jpg

寄り道もしたけど そう20時に到着したことになる 恐ろしい…





IMG_1405193733.jpg

でもこっちだったら独り占めしたかな





IMG_1405193735.jpg

「蕎麦粒山行って戻って来るなら一杯水に荷物を置いていけばいいのよ 私の担当なの」きのうのおばさま





IMG_1405193742.jpg

一杯水





IMG_1405193743.jpg

枯れていることが多いらしい この冬の大雪のおかげで細いながらも維持している
独りの老男性とすれ違う 「鈴は要らなかったですかね」 でも下の方は用心ですよ




IMG_1405195933.jpg

棒抗尾根を上って来た男性 「蕎麦粒山からショウノイワの鳥屋戸尾根で下ります」 ショウノイワ?! 
昨日のおばさまの 「ショウノイワへは行かないの?鳥屋戸尾根で下りないの?」
「ショウノイワは何てこと無いんですけどその付近のブナの森がいいんです 大好きな尾根なんですよ」
笙ノ岩 鳥屋戸尾根 気になる〜 目指すは同じ蕎麦粒山 ではお先に


IMG_1405193756.jpg

胸に響く 今時携帯で救助要請なんて記事をよく見る
しかし奥多摩一帯はまったくの不毛地帯だ この改善は効果大のはず




IMG_1405195950.jpg

先程の男性はすぐ後ろに迫っていた 仙元峠(天目背稜)を目指すも男性は捲き道を行った
捲いていいところだな もちろんこうして自分の目で判断しないと




IMG_1405193772.jpg

11時50分 蕎麦粒山 先程の男性と別のソロ男性が情報交換をしていた
もうひとりは鳥屋戸尾根から棒抗尾根を下ると言う お二方逆のルート 




IMG_1405195953.jpg

同じバスに乗り ひとりは川乗橋 ひとりは倉沢で降りた そしてここで出会った
「倉沢から林道歩きが1時間くらい尾根歩きが1時間半くらい途中崩れてる箇所ありましたけど歩けますよ」
「笙ノ岩までの上り2時間キツかったなそのあとは1時間くらいかなブナ?あっそう…?」 メモメモ…



IMG_1405193783.jpg

それぞれ15時あたりの同じバスを目指す それには無理だな そう鍾乳洞にも寄りたいのだ では気をつけて





IMG_1405195961.jpg

先程の老男性を追い越すも





IMG_1405195968.jpg

水を補給中に追いつかれる 「花を見に来たんでよ満開でしたね ヨコスズ尾根を下ります」
一緒ですね 小屋までおしゃべりしながら歩いた 何の花だったのか聞き取れなかった




IMG_1405195972.jpg

小屋に戻ると若者が外のベンチで湯を沸かしていた 「あなたの荷物ですか?この人どうしたのかなって…」
それはゴメンナサイ メモでも残して行くべきでしたか
支度が終わると老男性はその若者と話し込んでいた ではお先に 気をつけて



IMG_1405193807.jpg

ミツバツツジが際立つ





IMG_1405193810.jpg

長い下り





IMG_1405193827.jpg

この手の下りは膝にダメージをもたらす





IMG_1405193834.jpg

早く終わらないかなと終わってしまうなが同居する





IMG_1405193836.jpg

ゴールののれんのようで…





IMG_1405193837.jpg

ここにもだ





IMG_1405193841.jpg

終わった安堵と終わってしまった未練と





IMG_1405193843.jpg

だからまた歩くのだ





IMG_1405193844.jpg

鍾乳洞を目指して昨日歩いた同じ道
思っていたより遥か遠く随分と時間を要した




IMG_1405193853.jpg

もう終わりかな それどころかバスに乗れなくなる…
入口近くまで来てみたもののそのまま中日原まで引き返した 




IMG_1405195995.jpg

バスを手を挙げて停める 平日は自由乗降なのだ もえぎの湯へ行きたいのですが何処で降り…
「もえぎの湯は月曜日は定休日です」
ええ〜っ!…
東日原で先程の老男性が乗って来た 「おやおや!」 「そうですかタワ尾根ですか 今度歩いてみようかな」


IMG_1405195999.jpg

バスを降りると着替えるのでとお別れをした ではさようなら
時間を置かずにまた来たいな
鳥屋戸尾根 笙ノ岩のブナ 破線の熊倉山 秩父奥多摩縦走路
もう 待てない明日にでも…

おしまい



Instagram
flickr

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




タワ尾根を歩いて酉谷山避難小屋に眠りたい 1

2014年5月18日日曜日
一石山神社 〜 タワ尾根 〜 金袋山 〜 篶坂ノ丸 〜 ウトウの頭 〜 酉谷山避難小屋

GWがGWではない種類に属している 人出が少ない日に山へ出掛けられるのは素敵なこと
しかし日曜日 迷ったものの散らばった休みを繋げてお山に眠れるチャンスはごく限られている
日曜日だからこそのホリデー快速おくたま 少しは距離を短縮出来たとしよう 


IMG_1405185780.jpg

9時35分発の東日原行き これでもかという程押し込まれ立っているのも困難だ ここでかなりの体力を消耗した 
川乗橋で半分程が下りた 残りは日曜日の終点となる東日原バス停まで 鍾乳洞までを歩く 
どこを目指したのかネイチャーガイドらしきツアーが大半だった



IMG_1405183409 - バージョン 2

天気には恵まれた 稲村岩を目の前に 雄叫びを上げそうだ





IMG_1405183415.jpg

この青と白と緑と 秘境へとやって来たような風景




IMG_1405183425.jpg

鍾乳洞あたり 鍾乳洞にはまだ行った事が無いな 帰りにでも立ち寄りたい そしてもえぎの湯へと





IMG_1405183426.jpg

一石山神社 こちらが登山口となる





IMG_1405183429.jpg

ここまで登山者らしき姿は無く 鍾乳洞へのバイカーの長い縦列が延々と続いていた





IMG_1405185796.jpg

ここまでの強烈な渋滞の記事を見た事はあったが そんな気配は無かったな…





IMG_1405185793.jpg

神々しい…





IMG_1405185797.jpg

11時 こちらから潜入…





IMG_1405185799.jpg

分かっちゃいるがそれでも下方を覗いていしまう





IMG_1405183436.jpg

承知の上だが登山ルートとは言い難い





IMG_1405183438.jpg

よじ登る感じ





IMG_1405183442.jpg

独りの男性が追いかけて来る こちとら初めてなもんで信用しないでネ





IMG_1405183444.jpg

何度も足を止め天を仰ぐ





IMG_1405185801.jpg

ベンチもある広場でパンツと靴紐を整えていると 「酉谷ですか」 はい 「僕は日帰りなので行ける所まで」





IMG_1405183451.jpg

ふたりして汗だく息切らせながら 気をつけて ではまた 先を行った 軽いって自由…





IMG_1405183458.jpg

急勾配を上り切りタワ尾根に出たところでおばあさまが汗を拭っていた
「今ウトウの頭まで人を送って来たの 酉谷へ行くの?ショウノイワへは行かないの?」はい…?




IMG_1405183464.jpg

「初めてなの?大丈夫?」子供を見るような眼差し 何にでも初めてはある それからは逃れられない
「迷うことがあったら左の高い方を目指すのよ 下りはその反対右の下を目指すの」 はい 分かりました




IMG_1405183469.jpg

「でも先週は90人が走ったからね 踏み跡が残っているわね まあがんばってね」 ありがとうございました
トレイルランニングのレースがあった その主催者に属しているとのことだった 




IMG_1405183466.jpg

金袋山のミズナラ手前 昆虫採集? 網より落ち葉の下を探っている カブトムシの幼虫目当てだな





IMG_1405183470.jpg

金袋山のミズナラ 傷跡が痛々しい あれどっちへ進めば… 忠告を思い出し左へ 正解




IMG_1405183476.jpg

新緑が美しい 来るか否か迷っていたが 出掛けて来て良かった  




IMG_1405183484.jpg

iPhoneのGPSが頼り…は罪だな





IMG_1405185804.jpg

13時を回っていた 腹が減った オールレーズンを食べながら





IMG_1405185812.jpg

避難小屋での夜を妄想する…





IMG_1405183498.jpg

独りで物思いに耽るのか それとも相部屋で語らうのか





IMG_1405185815.jpg

13時25分 篶坂ノ丸まで来た 山と高原地図ではここまで破線




IMG_1405183501.jpg

この先は無印 当然目安時間の表記はない




IMG_1405183502.jpg

切り立った尾根が続く




IMG_1405185818.jpg

こうなれば迷う事もない





IMG_1405183504.jpg

ちょうど一週間にトレイルランニングのレースがあった





IMG_1405183506.jpg

これを走るのは過酷だね





IMG_1405183509.jpg

尾根道も危なっかしいが





IMG_1405183511.jpg

平地なら誤った道を突き進むことになる




IMG_1405183512.jpg

ナイスミドルな男ふたり女ひとり「酉谷ですか?では一緒ですね よろしくお願いします では先行きます」




IMG_1405183513.jpg

これで独り占めは無くなった あちらにしてみればこちらが邪魔者ということだ






IMG_1405185820.jpg

14時15分 ウトウの頭





IMG_1405183517.jpg

ついて行く? いや お先にって言っていたよ





IMG_1405183518.jpg

ではここらで大休止 この荷物 水なしで11kg なかなか優秀だ リッジレスト レギュラーが中に入っている





IMG_1405185828.jpg

迷ったがここで食べておこう 火を使える場所は限られている





IMG_1405183520.jpg

そう言えば ベンチでの男性は戻って来ないな





IMG_1405183523.jpg

そう ここは踏み跡も消え テープも見当たらない ウロウロと探し歩くことに





IMG_1405183526.jpg

こんな具合にテープがあれば… ではテープ設置登山でも始めようか





IMG_1405183528.jpg

トロッコのレールにぶつかった もう少しかな





IMG_1405183531.jpg

鈴を鳴らして駆けて来るのはベンチでの男性 「酉谷に泊まるという3人組がいましたよ」 ありがとうございます





IMG_1405185835.jpg

16時 そんな事よりこの時間にここにいて大丈夫なのか 焦る気持ちがその走る後ろ姿に伺えた 気をつけて





IMG_1405185836.jpg

長沢背稜へ出た 左へ雲取山を目指し奥秩父主脈縦走路を繋ぎたいのもやまやま しかし右へ酉谷避難小屋へ 





IMG_1405183536.jpg

もっと早い時間に到着出来ると思っていた 時間を読めないのもうまくない





IMG_1405183541.jpg

計画よりも事態対処に傾く それは危険と分かっている





IMG_1405183540.jpg

こう立ち止まって写真を撮ることも多過ぎるな 分かっちゃいるけど止められない…





IMG_1405183545.jpg

あスイスイスーダララッタ…





IMG_1405183547.jpg

陽が傾いて来た 小屋には先人たちがいるし 日没まで歩いていようか しかし酉谷山は巻いた





IMG_1405183550.jpg

17時 酉谷山避難小屋が見えた




IMG_1405183548.jpg

テント組もいるのか いや先ほどの3人組だった 「イッパイですよ」と残念そうな表情





IMG_1405183549.jpg

こんにちは 8つの目玉に睨まれた すでに寝袋四つ 満室と言っていい 詰められなくもないが
勘弁してくれ そんな目だ 「テント装備じゃないの?もうスペースないよ」 クールだ
3人組のうち2人はテントで独りが小屋「こんなこともあろうかと用心で持って来たんですよ」



IMG_1405185851.jpg

独り占めだった筈の4人と3人組 4人分のスペースに7人が集った
ツエルトはあるが緊急用の被るだけ 一杯水避難小屋へ流れるか 日没を2時間も歩きたくない
入り口入ったすぐのコンクリートの土間 荷物を移動してもらいスペースを空けてもらうことにした



IMG_1405183552.jpg

まず遮熱用のオールウェザーブランケットを半分折りで敷き陣地を確保 
リッジレストとスパイラルダウンハガー♯3を広げて回復を待つ
「8時に寝て3時半に起きて4時に出発 それならヘッドランプは要らないだろうから」



IMG_1405185856.jpg

独りならまだ後にするところだが そんなに早く寝るというのなら音を立てられない
早い夕飯 カップヌードルカレーごはんとチリトマトヌードル 食べ過ぎだな
迷惑そうな目と哀れむ目とどちらも迷惑なので外で時間を過ごす



IMG_1405185853.jpg

19時 まだ日没には時間がある しかしもう皆さん寝袋に潜っている 
では寝床につくか 歩いた疲れと昨夜の寝不足 まだ明るい空を眺めながら
あっという間に眠りに落ちたようだ

つづく




Instagram
flickr

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




百尋ノ滝、川苔山、そしてカモシカ。

2010年9月14日 晴れ
百尋ノ滝 〜 川苔山 〜 本仁田山 〜 鳩ノ巣駅


P9140337.jpg

前夜に出発、鳩ノ巣駐車場で夜を明かす。

P9140338.jpg

朝、電車、バスで川乗橋へ。

P9140358.jpg

しばらく林道を行く。

P9140374.jpg

山の道に入る。

P9140381.jpg

苔、光、沢の音。

P9140384.jpg

高揚する。

P9140399.jpg











P9140408.jpg

架け橋を何度か渡る。

P9140416.jpg

幾つもの小さい滝。

P9140417.jpg

ここもまた、何処にも無い色、音。

P9140419.jpg



P9140420.jpg



P9140426.jpg



P9140434.jpg



P9140440.jpg

百尋ノ滝

P9140447.jpg



P9140456.jpg

森の中に動くものが…。おっカモシカだ!じっと見つめ合う。

P9140457.jpg

ずっとこうしているのも気の毒だ。行くよ。

P9140463.jpg



P9140465.jpg



P9140473.jpg

ここで大休止。何か足りない。とても足りない。落ち着かない。そう、この夏にタバコを止めたのだ。

P9140475.jpg

アルコールストーブにファイアスターターで火をおこす。あっ!はずみでストーブを倒す。見えない炎、燃える。

P9140477.jpg

危うく山火事にしてしまうころだった…。

P9140479.jpg

とても眠い。ねむい…。昼寝する…。

P9140492.jpg

山での一本だけ、オーケーと言うことにしようか…。

P9140497.jpg

ダメダメ!

P9140498.jpg



P9140506.jpg



P9140510.jpg


P9140511.jpg

車を置いた鳩ノ巣駅へ。

鳩ノ巣駅 6:45
奥多摩 6:50〜7:02
川乗橋 7:18〜7:25
百尋ノ滝 9:45〜10:00
川苔山(川乗山 1,363.3m)11:40〜13:05
本仁田山 15:02
鳩ノ巣駅 17:30

新緑の三頭山へ 月夜見山も

2010年6月2日 晴れ
三頭山 〜 月夜見山


P6020014.jpg



P6020004.jpg



P6020010.jpg



P6020020.jpg



P6020024.jpg



P6020031.jpg



P6020034.jpg



P6020044.jpg



P6020062.jpg



P6020073.jpg



P6020075.jpg



P6020076.jpg



P6020077.jpg



P6020084.jpg



P6020085.jpg



P6020091.jpg







P6020102.jpg



P6020112.jpg



P6020114.jpg



P6020117.jpg



P6020121.jpg



P6020124.jpg



P6020127.jpg



P6020130.jpg



P6020132.jpg



P6020135.jpg

なんか物足りない。時間もある。じゃあ、名前が素敵な月夜見山へと行ってみるか。車で…

P6020140.jpg

しかし残念な山だった。道中も。たとえば満月の夜には真価を発揮するのだろうか?

P6020144.jpg



檜原都民の森P 8:30
三頭大滝 9:05〜9:15
大沢山(大沢峠) 10:25
三頭山避難小屋 10:32〜10:36
ムシカリ峠  10:39
三頭山 西峰 10:55〜11:22
鶴峠分岐 11:52〜12:15
三頭山 西峰 12:45
三頭山 中央峰 12:55
三頭山 東峰 12:58
鞘口峠 13:45
森林館 13:55

月夜見山(1,147m)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
/div>