FC2ブログ

八ヶ岳 閉ざされて

2015年12月2日




スーパーあずさ1号の車窓

八ヶ岳を巡る機会を得た
しかしそのチャンスは翌日 何処行こう
麦草峠をこの間と反対の白駒池 にゅうを歩くか
双子池でのあの宇宙をまた体験したいな 雪はどうなのだ 車で登山口まで行けるのか…
メルヘン街道 ビーナスラインは通行止め では南はどうだ
歩き始めが遅い アクセス アプローチが長い 日没前の下山は無理だな
ではこの際霧ヶ峰はどうだ 適した季節とは言えない 静かであろう こうでないと候補に遠い

霧ヶ峰を目指した 冷たいけれどもその清々しい空気に触れずにはいられない
窓を全開にした 雪のことなんてすっかり頭から消えた
しかし上るにつれ 凍結が現れた しかしそれは間もなく溶けてなくなるだろう
ワインディングロードを注意深くステアリングとアクセルを操作した
しかしカーブを抜けすぐ アイスバーンが現れ急ブレーキとなった
これはダメだ 
これは夏タイヤだ スタッドレスでも4WDでも あの光り輝く氷は止めるべきだ
決して広くないその道を何度も切り返し 車を下りに向けた

まあしょうがない 覚悟はしていた 何処か代替えは
思いつくこともない では雪を被った八ヶ岳を愛でながら帰るとする

途中の蓼の海を見つけ寄って見る

IMG_1512029725.jpg

蓼の海というが 池だな

IMG_1512029723.jpg

陽だまりの冷たい空気を愉しむ

IMG_1512021559.jpg



IMG_1512021562.jpg

メルヘン街道を走り 途中で車を止めた





IMG_1512021570.jpg

先月歩いた縞枯山と茶臼山 その風景に雪を重ねた

IMG_1512021569.jpg




スポンサーサイト



北八ヶ岳 茶臼山 縞枯山を巡る

2015年11月12日
麦草峠 〜 茶臼山 〜 縞枯山 〜 雨池峠 〜 麦草峠

IMG_1511129542.jpg


新宿発 7時ちょ〜どの〜 スーパーあずさ1号に乗って 

いつもは右側 今日は左側の窓の景色 南アルプス


IMG_1511129550.jpg


茅野で車に乗り換えてメルヘン街道 左から蓼科山 北横岳 縞枯山 茶臼山 
今日は右端の麦草峠から茶臼山 縞枯山 雨池峠 雨池 麦草峠へと周回する 
周回とはいいね ピストンは損をした気がする 


IMG_1511121453.jpg


歩き始めたのはもう11時! 移動買い物展望台寄り道準備 思いの外時間を掛けてしまった…

山と高原地図のタイムでざっと4時間半 その通りに歩くことが出来れば日没に間に合うのだが


IMG_1511121454.jpg


写真に時間を掛ける上に歩きはノロい そしてこの上り下りはとてもシンドイ記憶が… 

その時はテン泊初心者で 笑っちゃう程の大荷物だった しかし今日はウルトラライト!…?


PB151112120169.jpg


この森に入る この感触 匂い 肌触り タマラナイ

濾過されて 素になって 抑え込んでいた五感が開放されて騒ぎ出す


PB151112120172.jpg


しかし眠い 非常に眠い この森の仕業なのか…

永遠の眠りに落とし 蔓を巻き付け 根を這わせ吸い取ろうと…


IMG_1511121460.jpg


この森に取り込んでしまおうという魂胆だな!

それは悪くないかも…


      IMG_1511121466.jpg


緩いが長い永〜い上り ああしんどい そういつだって歩き始めは辛いのだ 

始めた事を後悔してしまうほど


IMG_1511121472.jpg


中小場 茶臼山はその向こうにあって まだ始まっていないのであった

ここでもう12時だ ランチの時間ではないか 急ご


PB151112120175.jpg


匂う森 薫る森のほうが綺麗だが違うな 匂う森だ

鳥の声も無く 風も無く 音は乱れた呼吸だけ


      IMG_1511121473.jpg


さらに傾斜を増して ああシンドイ まったく足が前に出ない

今日は RPM 駆け抜けられるものと思っていたが… やれやれ情けない


      IMG_1511121476.jpg


ここからが茶臼山というのかな

まだまだ続く…


IMG_1511121477.jpg


やっとの茶臼山ピーク

パッとしないピーク さあ展望台へ向かうのだ!


   
   そうそう 新しい iPhone6S Plus を持っていたのに何故それで撮らなかったのだ…




ぐるっとPhotosynth




IMG_1511129566.jpg

ヤッフー!南八ヶ岳



IMG_1511129567.jpg

南アルプス



IMG_1511129568.jpg

中央アルプス



IMG_1511129569.jpg

御嶽山



IMG_1511129570.jpg

北アルプス



IMG_1511121479.jpg

白馬?



IMG_1511121480.jpg

穂高と槍



IMG_1511121481.jpg

御嶽山



IMG_1511121488.jpg

北岳 甲斐駒ヶ岳 仙丈岳

切りがない…


IMG_1511121485.jpg


いつまでもシャッターを切り続けた 悔いが残らないように

まだまだこうしていたいが


      IMG_1511121483.jpg


歓喜の声がした ナイスミドル夫婦

続いて三人組 ガイドを連れた父子


IMG_1511129576.jpg


風が叩き付け非常に寒い これまでの汗が急激に冷え震える

まだ先がある 行こう


      IMG_1511121493.jpg


縞枯山を目指す


IMG_1511129579.jpg


縞枯の枯れだ


      IMG_1511129582.jpg


あれがピークだったか いや展望台への分岐

こちらの展望台を前回はパスしたのだった その光景や如何に


IMG_1511129583.jpg

  
振り返ると 茶臼山


   
   ああ何故 iPhone6S の4K動画を用いなかったのだ


IMG_1511129584.jpg


岩をよじ登り 茶臼山と同じ景色 しかしこちらの方がより広角

やっぱり寒いな 風に体が煽られる 長居は出来ない


IMG_1511129585.jpg


その背面には 浅間山が望めた

浅間山から見た八ヶ岳は 雲海に浮かぶ軍艦のようだったな


IMG_1511129593.jpg


途中邪魔になって置いてきたストック 道しるべになって良いな
しかし最近のオレは… 家に帰って車から荷下ろしをしている時に あっストック…ってなことになりそ
目を離すなよ


IMG_1511121509.jpg


しかし山頂はまだ先であった まだ上るのか

速度が上がらない シャリバテだ カロリーメイトで凌ぐか いや昼メシまでガマン


IMG_1511129599.jpg


縞枯山ピーク手前 絶景!




IMG_1511129604.jpg


縞枯山頂 地味だな ランチスポットに向かない

ランチは雨池でとしていたが もう既に14時になる お腹空いた 雨池峠へ急ご


      IMG_1511129609.jpg


時間に追われる 落ち着ける場所がない ハイドレーションで飯を喰う?
ハイドレーション食なんてどうだ チリトマトヌードルをゲル状にして 宇宙食みたいだ 混ざったチリ
トマトヌードル いわゆるチリトマトヌードル味ではだめだ ヌードル トマトなどのパーツはそれぞれ
独立していて 口の中で全パーツを舌が認識し 確認しながら味わい頂くのだ


PB151112120179.jpg


実はカレーヌードルにするか迷ったのだ そうだチリトマトとカレーのリフィルパックを混ぜるという手が
あったな あの名作イタリアンカレーヌードルには程遠かったが 名作ゆえそう簡単には再生出来ないとい
うもなか バジルとエクストラバージンオリーブオイルを忘れてはならない
雨池峠までに3回転げたが 妄想との因果関係はつゆ知らず


      IMG_1511129615.jpg


雨池行きは止めた 省いたところで時間の差はたかが知れているが 日没を考えると僅かでも縮めたい
ここで大休止 腰掛けたい テーブルにしたい石はなく立食となった 形も悪いがそれ以上に湿っている
山専ポットのおかげで湯を注ぐだけ 


        IMG_1511129624.jpg


しばらくは退屈な大石川林道を歩く
この大きな砂利はとても歩き辛い 足を取られる そして転んだ
石や排水ネットの鉄板に叩き衝けた いつもの華麗なる受け身をする間もなく
ああ痛い…生涯片手に入る痛さだ 思わず座り込む やばいこのまま日没を迎える訳にはいかない


IMG_1511129636.jpg


痛みは次第に引くものの左膝だけは痛みを増していく 

やれやれ この森ではいつも痛みを引きずって歩いているな


      IMG_1511129629.jpg


見た目には美しい苔の石も 歩くには滑って障害となる

左膝をかばうも余計に衝撃を与えてしまったりする


IMG_1511121514.jpg


太陽の光りは次第に届かなくなり 気温は急激に落ちている

この心地よい森も 厳しい面を見せてくる


      IMG_1511129634.png


あとどのくらい? GPSは心の支えだな

もうすぐ終われる けれど終わってしまう



ぐるっとPhotosynth




      IMG_1511129645.jpg


終わりが見えた


IMG_1511129646.jpg


麦草峠 16時半 5時間半 悪くない 始めたのが遅いのだ また来よ!


IMG_1511129649.jpg


日は沈もうとしていた 寒い! 車あ示す車外気温2度!


IMG_1511121519.jpg





IMG_1511121522.jpg


麦草峠 11:00 〜 12:35 茶臼山 12:55 〜 13:25 縞枯山 14:00 〜 14:20 雨池峠 14:35 〜 16:30 麦草峠







双子池の畔で眠りたい

2015年5月28日
双子池 〜 大岳 〜 北横岳 〜 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅

ああ あの日双子池で見上げた宇宙をもう一度
そしてここへやって来たのだ 本沢温泉でもなくしらびそ小屋でもなく
この空が開けた双子池へ


       RIMG1505280048.jpg



何度か寝起きを繰り返し 目覚めた時は空を見上げた 午前3時 確かに星の数は凄かった
がしかし薄曇りなのか 抜けた夜空ではない 宇宙を観ることは出来なかった
空気の乾いた寒い季節でなければならないのか



IMG_1505280396.jpg



次に目覚めたのは眩しく太陽が顔を出していた 暑い ダウンジャケットを脱ぎ捨てる
6時半 双子池の夜明けを見届ける事は出来なかった



IMG_1505280394.jpg
 


~ 静かな湖畔の森の影からもう起きちゃいかが?と 〜
カッコーとウグイスの声に囲まれながら湯を沸かし アルファ化米に注ぎ テントをバラす



    



入れ替わるように学生らしき3人組がやって来た



IMG_1505280414.jpg



では小屋前の広場でこれからの行動を決定しよう
池は新緑と青空を映し出して美しい 何度も脚を止めた
亀甲池への道が閉ざされたなら 来た道を戻るか 正面の大岳へ這い上がるかだ
来た道は退屈だった しかし大岳辺りには苦い経験が 身軽の時に挑みたい




IMG_1505280425.jpg




小屋前へ来るとひとりの熟年男性が同じエアライズ2を撤収中だった
「向こうに居らしたんですか 行けばよかったなあ 寂しかったですよ
小屋の方もいないので 分かるようにここに居たほうが良いかと…
大岳ですか どうしようか迷っていたんです じゃあ僕も行こうかな」
先に行きます すぐ追いつかれるでしょうけどね では気をつけて
8時ちょうど 話しの勢いで大岳へ挑むこととなった…



IMG_1505280430.jpg



「上って行くのはいても下りて来るヤツはいないよ」とあの時のオヤジさん
早速秘境に迷い込んだ景色 進路を見つけられず ウロウロ オロオロ
戻っちゃおうかな〜 小屋とそれほど離れていないのに ビバークらしき痕跡
あの苦い感情が甦る そうあの時落とした ストックのプロテクターとボールペンを…



RIMG1505280064.jpg



踏み跡らしきが見当たらない どこもフカフカしていて人が歩いたとは思えない
どれだけの時間が経ったろうか ようやく的を搾り足を進めた



IMG_1505280431.jpg



よくもまあこんなところ 夕闇迫る中歩いたものだ あの時の心細さが蘇る



IMG_1505280433.jpg



今は上りでマシだがあの時は下りだ どれだけ歩いても視界が開けない 不安の中にいた…



IMG_1505280440.jpg



そうそう こんな風にここで遠くに小屋を見つけて しかしなかなか近づけなくて



          IMG_1505280442.jpg



こいつはなかなか優れものだが ここは邪魔だな 畳んで仕舞おう



IMG_1505280447.jpg



上りは良いが 下りはよろしくない



          IMG_1505280451.jpg



下りるより落ちるが正しかったろ



IMG_1505280454.jpg



雪にも手子摺る 下は凍っていて滑るし



          IMG_1505280456.jpg



おっと 注意しないと踏み抜く 深く落ち 股が裂けるかと思った…



IMG_1505280462.jpg



双子池で後からやって来た3人組が追い越して行った



IMG_1505280469.jpg



雪はこれでもいつもより圧倒的に少ないのだ 手子摺っている場合ではない



IMG_1505280470.jpg



その時はまだテントは確か2回目 未熟者で荷物を欲張った



IMG_1505280471.jpg



行程も欲張って麦草峠から 茶臼山 縞枯山 北横岳と その時点でヘロヘロだった



IMG_1505280472.jpg



道半ばの天狗の露地でビバークか否か迷い ヘッドランプをオンにして行くことにした



IMG_1505280473.jpg



心細く 半ば遭難者だった



IMG_1505280486.jpg



ビバークを覚悟した天狗の露地は?避けて通り過ぎてしまったのか…



          IMG_1505280485.jpg



大き過ぎた荷物は こんな岩の狭間に挟まったり



      IMG_1505288589.jpg



しかし 落ちて宙を舞った時はクッションにもなったな



IMG_1505280487.jpg



あっ これを壊したのは あの時のオレだ…



IMG_1505280490.jpg



ただもがいていた そしてそんな滑稽な姿 暴れる光りを双子池のオヤジさんは小屋で見守っていた



IMG_1505280491.jpg



10時半過ぎ たっぷりと時間を掛けた 大岳へは10分と掛からない やり残してきたところだ ザックを置いて



RIMG1505280068.jpg



軽いって自由!



      IMG_1505288593.jpg



大岳 2,382m 



IMG_1505280501.jpg



北横岳はまだ遥か遠く…



IMG_1505280503.jpg



ザックを回収



IMG_1505280507.jpg



同じエアライズの男性も巧みなダブルストックでやって来た
「やれやれ時間掛かりましたね~大岳はやめました~そうか~あれを上るのか~」
先を行った ストックを1本だけ出して使うことにした



IMG_1505280516.jpg







IMG_1505280520.jpg







      IMG_1505288602.jpg







IMG_1505280525.jpg







IMG_1505280527.jpg



七ツ池と北横岳ヒュッテが見えた 頂上はもうすぐ



IMG_1505280529.jpg



北横岳北峰 2,480m 12時30分 山頂には追い越して行った3人組だけ
雄池の水は沸かして紅茶のバッグと共にナルゲンに収めた
在庫処分中のCLIFバーで腹ごしらえも喉を通らず半分をポケットへ



IMG_1505280531.jpg



北横岳南峰から ここの景色はいつも霞んでいる 



          IMG_1505280535.jpg



あとは軽やかに下りるだけ 



          IMG_1505280537.jpg



奥多摩のそれとは違って足を痛める心配がない



IMG_1505280541.jpg



またあらためてこちらへも行かないとな また来る理由



IMG_1505280545.jpg



卸したてスニーカーのオジサン 「この靴で北横岳行けますかね?」 十分注意して下さい



IMG_1505280547.jpg



13時50分 静かなる山頂駅



IMG_1505288609.jpg

八ヶ岳と言えばコケモモ
さて 次はいつ来れるかな

おしまい


双子池の畔で眠りたい

2015年5月27日
北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅 〜 雨池峠 〜 雨池 〜 双子池

ああ あの日双子池で見上げた宇宙をもう一度…
なになに?それは2009年10月?
それからの時間を素晴らしく生きてきたと言えようか?
それには素敵な時間を積み重ねて行くことだ





松本に用事が出来た
いよいよ北アルプスか! そうだな上高地から入って涸沢テン泊デビューするか!
いや時間が足りない 歩き出しが遅過ぎる それに突発な事で情報集めも装備支度にも時間がない
ではまた八ヶ岳にするか 北へは何度も行っているものの硫黄岳から南は未踏だな
ピークの赤岳には未だ… いや ここはやはりきちんと計画準備を立てて行きたい
ふらっと行くなら本沢温泉か双子池… 双子池畔テン泊だ!


            


 
と言う事で 7時ちょ〜どの あずさ1号で〜



IMG_1505270242.jpg



松本駅から北アルプスの山々 その道のりはまだ遠く…
車をピックアップして長野自動車道から中央自動車道 諏訪で下りビーナスラインを北上



IMG_1505278514.jpg



11時半ロープウェイ山麓駅到着 スタートが遅い 止むを得ず あくまで止むを得ずだ
12時の便に乗ろうとするものの団体客と重なった 1本遅らせることにする
20分の間 この辺りの散策には悪くない時間だろう



IMG_1505270245.jpg



この辺りの新緑がとても良い色だ 気温は高いが風は冷たく心地良い

ここから上まで歩くと 2時間か 大き過ぎるな やはり端折っておこう
とは言うものの 双子池意外は無計画である
山頂駅から雨池峠 大石川林道で双子池へ あっという間だな
しかしまた欲張るとそれ以上の時間を費やし いつものようにギリギリを行くことになる
先週の奥多摩での脚の痛みから開放されたばかりだし1等地を確保しないと と言い訳する



      IMG_1505278520.jpg



双子池から亀甲池 この道のりは好きなのにな 神秘的で邪気を感じる
いつも恐る恐る 恐縮しながら歩くのだ 五感を鋭く警戒させながら
ワクワクさせてくれる森 しかし今回は見送ろう



RIMG1505270018.jpg



ロープウェイでは高価そうなカメラをぶら下げた3組の家族と7分間を共有する
「歩いて登っている人がいるよ」 ああ 居心地悪っ…
「このところ異常なほど高温の日が続いています 本来は今日の皆さまのような半袖は考えられず
まだまだダウンやフリースでないと山頂駅から歩けません いつもならまだ雪景色 こんなに芽吹いて
いるのは異常と言って良いでしょう」そうなのか… ダウンは持ってきたがあくまでも夜は寒いかなと…



IMG_1505270257.jpg



もう観光客しかいない 何だか浮いているようで居心地悪い ただちに出発!



IMG_1505270265.jpg



縞枯山荘を通り過ぎ雨池峠13時10分 茶臼山と縞枯山をやり直すことも考えたが
そうだとしてもそれは明日だな


 
IMG_1505270270.jpg



縞枯山を横目に



IMG_1505270275.jpg



ここも倒木が多いようだ



IMG_1505270282.jpg



こんな森を歩いていると これから何が起きるか 期待が膨らんでゆく



          IMG_1505270285.jpg



おっと これは知らなかった 持っている地図は2009年 平成21年度版だ



IMG_1505270286.jpg



やれやれ ちゃんと情報収集をしないといけないと言う事だ



IMG_1505270296.jpg



時間に余裕があって良かった



IMG_1505270301.jpg



それにしても倒木が多い 潜ったり跨いだり



RIMG1505270027.jpg



予定外の雨池 14時18分



IMG_1505270306.jpg



雨池 亀甲池 双子池水鳥を見たのは初めてだ



          IMG_1505270312.jpg



半月か 星空に明る過ぎないだろうか



IMG_1505270350.jpg


林道から山道へ 山道から林道へ 


IMG_1505270352.jpg



そしてたくさんの倒木を跨ぎ潜り



IMG_1505270357.jpg



双子池到着16時10分 いい時間だ 歩くの遅過ぎだ…



IMG_1505270359.jpg



さて あのオヤジさんはいらっしゃるのだろうか



      IMG_1505278546.jpg



そうなのか 確認不足がまた露呈… 来る来ないに影響はないのだが
山行決定が1日前と言えど ヤマレコとか小屋のHPとか



      IMG_1505278548.jpg



双子池ヒュッテ井出様はまだ知らぬか…



IMG_1505270360.jpg



それにしてもハイカーも小屋主さえも不在とは…



      IMG_1505278552.jpg



地下水の水道があった 以前もあったかな しかし出ない これまで通り雄池の水を汲む



IMG_1505270369.jpg



まったく人気が無く 寂しさもある がうれしい決まっている だって静かに過ごしたい



IMG_1505270371.jpg



キャンプ場の雌池 前にテントを張った浜は水没している 魚が泳いでいた ここの水は生き返った?



          IMG_1505270374_201506041926253a1.jpg



「テントならイイ場所があるよ それはね…」



IMG_1505270378_201506041926279f2.jpg



今日はいただきました



IMG_1505270381_2015060419262895f.jpg



あとは夜を星空を待つのみ ああ何だか退屈だなあ ウグイスの声を楽しみながら明日を考えないと…
闇が迫るとさすがに寒い ダウンに袖を通し寝袋に潜る アルファ化米に湯を注ぎやはり寝袋に潜らせる
ウグイスも眠りにつき やがて静寂に支配された あの宇宙を観ること出来るだろうか 

つづく


八ヶ岳 硫黄岳 雲上の湯を巡る 2日目

2014年6月26日
本沢温泉 ~ みどり池 しらびそ小屋 ~ 本沢温泉 ~ 硫黄岳 ~ 峰の松目 ~ 夏沢鉱泉


IMG_1406264072.jpg

次に目を覚ました時は5時になろうとしていた 夜明けを見届けるためにテントは東に向けたのに もうすっかり朝だ
湯を沸かし熱い茶を身体に流し込む




IMG_1406264076.jpg

今日の事始め みどり池 しらびそ小屋へ 犬と戯れ リスと鳥たちを眺めながらコーヒーを飲もう





IMG_1406264077.jpg

山の朝のこの清々しい空気が好きだ 荷物は襷がけのヒップバッグとストックだけ



 

IMG_1406264081.jpg

荷物も心も軽い トレイルランニングとは言わないが 自然と駆け足になる





IMG_1406264083.jpg

昨日の午後に歩いた景色とはまた違って見える





IMG_1406264092.jpg

光と影





IMG_1406264099.jpg

樹々の隙間を抜ける斜陽





IMG_IMG_1406264101.jpg

静寂なる雑踏





IMG_1406264103.jpg

沢の音 光り 匂い





IMG_1406264105.jpg

五感が作用する





IMG_1406264107.jpg

トレイルが小川となってしまった





IMG_1406264111.jpg

神々しい





IMG_1406264122.jpg

みどり池 6時20分





IMG_1406264161.jpg

しらびそ小屋





IMG_1406264130.jpg

オヤジさんが餌場で口笛鳴らして呼んでいる おはようございます コーヒーいただけますか 「早いねえ」





IMG_1406264143.jpg

「こんな早く?」と奥から奥さんの声 宿泊客が無く 早過ぎた訪問者となってしまった。





IMG_1406264142.jpg

早くにスミマセン… 前回のキャンプの時は 遅くにスミマセン と言ったな いつもスミマセン…
酸味の効いたコーヒー ブルーベリージャムの載ったクラッカーと共に 苔桃ジャムを食べたかった




IMG_1406264133.jpg  IMG_1406264135.jpg

IMG_1406264147.jpg  IMG_1406264148.jpg

看板犬の 吉とラッキーの姿が見えないな あれから4年も経っているのか…
その時の鳥たちはゴジュウカラとホシガラス




IMG_1406264151.jpg

天狗岳とみどり池





IMG_1406264157.jpg

ごちそうさまでした





IMG_1406264163.jpg

では戻って風呂入ってメシ喰って片付けて硫黄岳だ





IMG_1406264167.jpg

イベント盛りだくさんだ







本沢温泉への帰り道 GoPro欲しいな





IMG_1406264177.jpg

途中 本沢温泉からの下りだというご年配夫婦とすれ違う みどり池を往復だと言うと「タフねえ」と奥様





IMG_1406264183.jpg

タフ 男にとってこれ以上の褒め言葉はない お気をつけて





IMG_1406264195.jpg

ただいま 7時35分 風呂の支度に掛かる





IMG_1406264213.jpg

スイムパンツのサポーターを持って来た 前回は若い恋人たちを困らせてしまったからね





IMG_1406264219.jpg

後で行くぜ そしてあちらからこちらを見下ろすのさ





IMG_1406264220.jpg

サンダルにストック!硫黄の薫りが誘う






雲上の湯への道のり





IMG_1406264226.jpg

足を入れると硫黄が漂って薫って…





IMG_1406264240.jpg

ざぶんっ ああ至福の時♡ ちょっと熱いかな いやそれは一瞬 この硫黄の薫り そしてこの肌触り





IMG_1406264231.jpg

頭の先まで潜って 肌に湯を擦りつけて戯れて… ぬるいのも手伝ってなかなか出る気になれない ずっとこうして…





IMG_1406264238.jpg

しかしそうしている間にゆっくりと静かにガスが忍び寄って 硫黄岳を支配しようとしている





IMG_1406264247.jpg

30分くらいそうしていただろうか 名残惜しいが足を進めなくてはならない





IMG_1406264264.jpg

撤収開始 似たもの同士だね なかなか離れてくれない





IMG_1406264269.jpg

同時進行の朝ごはんはきつねどん兵衛リフィル





IMG_1406264270.jpg

10時過ぎ出発 やれやれすっかりガスの中…





IMG_1406264283.jpg

IMG_1406264277.jpg  IMG_1406264279.jpg

IMG_1406264287.jpg  IMG_1406264282.jpg

IMG_1406264284.jpg







IMG_1406264293.jpg

1時間ちょっと歩いて夏沢峠 11時15分





IMG_1406264298.jpg

雨が落ちて来た 雨支度を SPORTS YO-KAN 美味しい羊羹 開封で手がべたつくな





IMG_1406264296.jpg

硫黄岳への入口 茶臼山とよく似ている





IMG_1406264300.jpg







IMG_1406264322.jpg

先ほどの夏沢峠を見下ろす 随分高度を上げたな





IMG_1406264328.jpg

そしてオーレン小屋にズーム





IMG_1406264338.jpg  IMG_1406264342.jpg

IMG_1406264339.jpg  IMG_1406264343.jpg

息は荒く カメラの固定に苦労する 息を止め 更に苦しく…





IMG_1406264350.jpg

なかなか厳しい上り すぐに足が止まる





IMG_1406264346.jpg

ガスに覆われ





IMG_1406264349.jpg







IMG_1406264353.jpg

すれ違ったソロ男と





IMG_1406264371.jpg

散らばった4人組のおばちゃま達





IMG_1406264356.jpg







IMG_1406264361.jpg

振り返るとガスが晴れ天狗岳













IMG_1406264368.jpg

硫黄岳山頂手前から雲上の湯







ああ恋しい雲上の湯





IMG_1406264379.jpg

爆裂火口で鈍い轟音が轟いた 崩落 音の長さからもかなり大規模なスペクタクル! 恐ろしい…





IMG_1406264382.jpg







IMG_1406264380.jpg







IMG_1406264383.jpg







IMG_1406264385.jpg







IMG_1406264386.jpg

硫黄岳山頂13時5分





IMG_1406264393.jpg







IMG_1406264404.jpg







IMG_1406264402.jpg

これは片手で押し出すだけ ベタつく事もなくゴミも最小限 しかし甘さと量が足りないな





IMG_1406264406.jpg

赤岳へ向かう稜線





IMG_1406264413.jpg

しかしなんだ 景色が無いじゃないか景色が…





IMG_1406264414.jpg







IMG_1406264416.jpg







IMG_1406264421.jpg







IMG_1406264427.jpg







IMG_1406264429.jpg







IMG_1406264441.jpg

ガスはなかなか取れず 全貌を見せてくれない





IMG_1406264447.jpg

峰の松目 近くて楽チンと思いきや






IMG_1406264452.jpg

下りて上ってまた下りて ああモッタイナイ…





IMG_1406264455.jpg

近づいた気がしない 捲けば良かったかと後悔の念





IMG_1406264459.jpg

もう下りなくっていいってば…





IMG_1406264468.jpg

最後の登りの樹々の隙間から ガスが抜けた赤岳が姿を現した





IMG_1406264473.jpg

15時ちょうど 狭く展望がない




IMG_1406264476.jpg

それでも木の間から阿弥陀岳





IMG_1406264477.jpg

阿弥陀岳山頂





IMG_1406264479.jpg

赤岳山頂 次はあちらへ





IMG_1406264489.jpg

上りではコイツを見落としていたな





IMG_1406264490.jpg

お手柔らかに…





IMG_1406264504.jpg

30分後 オーレン小屋のテン場へ出た





IMG_1406264507.jpg

小休止 ボルシチか 寒いときにはいいな しかし今までそんな余裕を持ったことがない





IMG_1406264515.jpg

そして今日もまたいい時間になってしまった





IMG_1406264512.jpg

日が長い今だから良いものの…





IMG_1406264524.jpg

夏沢鉱泉 そっそうですか… どうしようかな… 染み付いた雲上の湯の硫黄を流したくない しかし汗まみれだ
それにもう17時になろうとしている ゆっくりし過ぎた… 横目に見ながら通り過ぎたものの後ろ髪を引かれ…





IMG_1406266411.jpg

引き返して ざぶんっ… ああたまらん… 温泉ではなく鉱泉 薪を燃やして加熱している 鹿が鳴いた





IMG_1406264533.jpg

駐車場辺りには何頭かの鹿がウロウロ 徐行してると寄って来る鹿も
ああ早くコカコーラZEROが飲みたい
おしまい





Instagram
flickr

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村