FC2ブログ

岩手山 三度目の…

2016年8月10日
岩手山 馬返登山口 柳沢コース

IMG_1608100791.jpg

4時頃 夜が明けだした
もう眠れない煩わしさは捨てられる
隣の車の横扉が開けられ ふたり組が下りてきた
こちらのバンの横扉はガラガラと大きな音を立てる だからこれまでじっとしていたのだ
遠慮なく全開にする お隣はこちらの動きに目もくれず黙々と準備を進めている

IMG_1608100792.jpg

岩手山が雲を生み続け 太陽がそれを焼いていく
車を運転して帰るのだ 早く始めて早く終わらせた方がいいに決まっている
しかしこの景色を置いて行くにはもったいない じっくり堪能させてもらう
朝ごはんも食べないと シャリバテももったいない
寒い 朝食だったレーズンロールは行動食へ 昼食のチリトマトヌードルを湯を沸かして食べることにする
それに頂上は風が強いだろう バーナーも長居をするのもしんどそうだ

IMG_1608100803.jpg

準備を整え 5時20分 歩き始める
登山口手前のキャンプ場内 これは知らなかった
さあ 手ぶらでは行けない どう収めるか 知っていたら大きいザックを持って来ただろうか
それはないかな

IMG_1608100804.jpg

こんな具合でどうだ
細くて短いもの 2本ずつポケットへ ウルトラライトウェイトも駐車場から登山口まで…
背が高く背筋がしっかりした年配のおじさまが現れた レジャーシートを取り出し
手馴れた様子で何本かの薪を包み ザックの雨蓋に挟んだ おはようございます
すぐ後ろを歩くこととなった 登山届も見送ることが出来ず並んで記入し投函した
「どちらから?僕は地元です 若い頃から何回も登ってますよ 是非見ていただきたいものがあります
ご一緒しますか?」 はい よろしくお願いします

IMG_1608100806.jpg

横道にそれた「この先 危険注意」の立て看板 立ち入り禁止ではない
体育会系の身体の持ち主 どんなスペシャルステージへ連れて行ってくれるのだろう
達人しか知りえぬ スリルと絶景 そんな期待にワクワクした
歳の頃は70歳くらいと見る 年齢を聞いて 若いですね などと言って喜ぶタイプではない
「ここです」 意外な結末だった
「ここはかつて改所で神主さんが居て入山して良い人そうでない人を分けていたようです
入山料もここで収めたようです 奥の富士 岩手富士とも呼びます 俳句はお好きですか」
スミマセン ほとんど知りません
「時知らぬ ここにも雪あり 奥の富士」情感たっぷりに読んでくださった
「この木には蜂の巣があります クマが食べに来るんですよ ひとりでは来ない方がいい」

       IMG_1608100811.jpg

まるでNHKにっぽん百名山のようだ ガイドが先導 解説してくれる ありがたい
「この岩は4年前にここへ落ちて来ました こっちは2年前のですね」
「10年ほど前には噴火騒ぎもありました 水蒸気が上がり 火山性地震が続きました」
「向こうの大きいのが早池峰山 あちらが姫神山ですね」 早池峰山は行きました
「早池峰山 今は河原の坊登山口からは入れなくなってしまったんですよ 残念ですね」
「インターネットで仲間を募ってあちこち行こうと計画するんですけどなかなか集まらないですね」
「新道 旧道 どちらを歩きますか? 何れにしても四合目までは新道が楽ですよ」
旧道 岩場を歩こうかと

IMG_1608100818.jpg

四合目 7時25分
「ではペンキを目印に登って下さい 僕は新道 緑の中を行きます では」
ありがとうございました

IMG_1608102230.jpg

開けた 早池峰山だ
3年前 河原の坊登山口から上った
そうか もうあれから3年か…

IMG_1608100826.jpg

クルマユリ

IMG_1608102232.jpg

火山の山肌

IMG_1608100832.jpg

六合目 8時20分

IMG_1608102239.jpg

ウスユキソウ

IMG_1608100844.jpg

雲が斜面を駆け上る

IMG_1608100847.jpg

七合目 8時45分 青空となる
足を止めて呼吸を整えていると 新道からあのおじさまがやって来た
「これから九合目まではなだらかですから」先を行った
はい ありがとうございます

IMG_1608102242.jpg

早池峰山 暴れる雲

IMG_1608102244.jpg

てっぺんは大丈夫そうだ

IMG_1608102245.jpg

おじさまのその先に 八合目避難小屋だ

IMG_1608100855.jpg

IMG_1608100852.jpg

IMG_1608100856.jpg

IMG_1608100857.jpg

八合目避難小屋 9時ちょうど

IMG_1608100859.jpg

道中と同じようにここでも多くの馴染みさんと言葉を交わしていた

IMG_1608100858.jpg

では早速 上げてきた薪を あっ 半分落としてしまったようだ あそこでコケた時かな…

IMG_1608100864.jpg

美味しい水をもらい レーズンロールを囓る

IMG_1608100865.jpg

おじさまがいくつかのアドバイスを残し先を行った 15分ほど休んで後を追った



澄ませ 青い空に広がる緑 鳥の囀り 風の肌触り 空気の味と匂い 五感が解放される 至福の時

       IMG_1608100869.jpg

       ウメバチソウ

IMG_1608102248.jpg

焼走りコースをリベンジのつもりでいたが この柳沢コースを来て良かったな

IMG_1608102249.jpg

「道が二手に分かれます 右を行ってください 左はね 三歩進んで二歩下がる なかなか進みません」

IMG_1608102250.jpg

おじさまをズームで追う 小屋にザックを残しナップザックで出かけて行った

IMG_1608102252.jpg

不動平避難小屋を見下ろす

IMG_1608102253.jpg

八合目避難小屋

IMG_1608102259.jpg

こちらもそうは簡単ではない

IMG_1608102256.jpg

「その上りの右手の斜面にコマクサが咲いてますよ」

IMG_1608102260.jpg

向こうに早池峰山

IMG_1608102261.jpg

不動平を見下ろす

IMG_1608100875.jpg

お鉢へ出た 9時50分 あのピークが薬師岳 頂上だな

IMG_1608102263.jpg

やはり風は強い そして雲が湧いている

IMG_1608102264.jpg

さあ念願の頂上一周 お鉢巡りだ

IMG_1608102265.jpg

おっと ここが3年前に目指すも辿り着けなかったルートだ

         IMG_1608100885.png

灰色の線がその3年前の軌跡 赤いのが今だ

       IMG_1608100886.jpg

コマクサの向こうにあの時の小屋 平笠不動避難小屋が見えた その時とは全然違う景色 

IMG_1608100889.jpg

岩手山山頂 10時12分 薬師岳2038.1m 




IMG_1608102273.jpg

かと言って感慨深くなることもない しかしこうして晴れ渡った景色はありがたい

IMG_1608102276.jpg

ひとつが終わり またひとつ始まるというだけのことだ

IMG_1608102279.jpg

風は強く 決して居心地が良いとは言えない さあ下りよう

IMG_1608100902.jpg

八合目避難小屋に腰を下ろす コーヒーを購入 バーナーもコーヒーも持ってきたが面倒になった
百円を箱に投入 紙コップにインスタンスコーヒーを入れて電気ポットの湯を注ぐ セルフサービス
残りのレーズンロールとカレードーナツを食べ 熱いコーヒーを啜りながら30分ほど過ごした
11時35分 下りるか 下りは新道を行こう そちらの方が脚に優しそうだからね

IMG_1608100908.jpg

いやいやしかし 結構ザレてるねえ 一体何回コケたんだ 自分の脚が信じられない
劣化というやつなのか… 自転車の運動は自転車のためだけ 鍛えている気がしただけ…
歩くため筋肉は歩かなければ 近頃自転車ばかりで まったく歩いていなかったな

IMG_1608100910.jpg

下りてきたというのか落ちてきたというのか 13時55分
キャンプ場では大勢の消防士山岳レスキュー隊だろうか
訓練開始の準備中のようだ カッコイイ男達だったな




寄り道しないつもりだったが この汗を洗い流さずにはいられない ってことで…

      IMG_1608100913.jpg



スポンサーサイト



岩手山頂を目指して

2016年8月9日
岩手山馬返登山口を目指す

IMG_1608060752.png


それは3年と1ヶ月前のことか
 岩手山 頂上目前で撤退
焼走りから入って頂きを目指した
確かにまだ雨期の中にいた
それでも希少な機会を逃すわけにはいかなかった
2日間の1日目を移動と八幡平散策とし 八幡平頂上近くの駐車場で眠った
星空は叶わなかったが 美しい朝焼けを拝むことが出来た
山へ入った時はまだ天気は崩れずにいた
しかし空が開けコマクサ達が姿を見せると 強い雨風に晒された
それでも初めて出会ったコマクサにカメラを向け続けた
強い風のためにコマクサも自分の体も揺れていっこうにうまくいかない
避難小屋で体勢を立て直し頂上へ向かった
少し前を歩いていたグループの中には もうここまでで良いと言う者もいた
風に煽られ前に進まない 顔に当たる雨は小石を思わせるほど痛い
そして前を行った人が戻って来た
これ以上行ってはいけない 引き返すのだ
岩にしがみついて動けなくなっている者がいた
もうあとチョットなのに…
カメラと靴を壊した

そして約2週間後
早池峰山のあとに向かった岩手山
焼走り登山口で迎えた朝 雨に帰路を決断した

そして今回
秋田行きがあった
せっかくだから1日目は秋田駒ケ岳を いや今回はその時間は取れない
2日目に秋田駒ケ岳か岩手山か 岩手山の頂きに立つのだ

田沢湖にでも立ち寄るか



IMG_1608060759.jpg



IMG_1608060766.jpg



ここで夜を過ごしてもいいかな
いやもっと近づこう 東京まで運転して帰るのだ 早く始めて早く下りないと
馬返登山口へ向かうことにした
窓を全開で心地良い風を受け 小岩井農場で密閉した



IMG_1608060773.jpg



やあ岩手山 明日が楽しみだ



IMG_1608062201.jpg



明るい三日月 闇になることはなかった
星空は どうだろう



IMG_1608062213.jpg



寒い〜 夏物だけれど長袖 それにフーディニ さらにレインテックスを着込む
あとは熱いお茶の飲む
それでも寒〜 何度も目を覚まし寝た気がしなかった



根子岳から四阿山

2016年5月26日
菅平牧場 〜 根子岳 〜 四阿山 〜 嬬恋清水 〜 中四阿 〜 菅平牧場

IMG_1605260469.jpg

北陸新幹線を上田で車に乗り換えて8時過ぎに菅平牧場へ向けて出発する
山歩きなんて実に半年ぶりだ 何をしていたのだ…
ゲートで入山料として200円を支払って駐車場を目指す

IMG_1605260470.jpg

四阿山 日本百名山のひとつ しかし名前に馴染みはない
二日前に上田行きに絡めた山行を探した 浅間山かな いや まだ見ぬ山へ
上田駅からそう離れないところに「四阿山 百名山」が目に入った

IMG_1605260472.jpg

菅平牧場まで約1時間 準備を多く見積もって30分 山行往復7時間半
明るいうちに下りて来れるか 幸い日の長い時期だ
しかし歩みが遅いのだ…

IMG_1605260474.jpg

9時30分歩き始める
天気予報では雲行きが怪しかった 今回を逃したら次はいつになることやら
雨の中を歩く覚悟だった しかしこの晴天 天晴れ

IMG_1605260476.jpg

そうそう到着した時 中学生のグループがいくつか分隊を組み
時間をずらせて出発しているところだった
丸山の再現か あの幼稚園生が 半年で中学生に成って目の前に再び現れ…

IMG_1605260479.jpg

物事すべて自分のペースでは行かないものだ
あらためて思い知らせる そしてそれを学習しろということだ
時間配分と疲労促進に不安がよぎる

IMG_1605260482.jpg

それなりの時間を要して 3グループを追い越した
いや 正しくは譲って頂いた
「頑張ってください」なんて声援までもらった

IMG_1605260488.jpg

日向は暖かく 日陰は空気が冷たく 乾いた風が心地良い
マーモットのロングスリーブが丁度良い 自転車通勤を兼ねるジップアップ
つい最近 事務所が西新宿に引っ越し 明治通りがあれほど起伏に富んでたとは車では気づかなかったな

IMG_1605260485.jpg

命をすり減らすそれと比較すると随この道のりは分と優しい もうすぐ頂きか
音も匂いもあまりにも心地良い
ウグイスにカッコーまで

   

太陽の光が注ぐ開けた道
良いか悪いかカメラに時間を取られることが少なかった
早く歩けたのはそのせいだ

IMG_1605260490.jpg

まずは根子岳 2,207m 10時50分
山と高原地図の参考タイム2時間10分を1時間20分で歩いた
まあ あくまで参考タイムということだ

IMG_1605260493.jpg

祠の向こうが四阿山
この根子岳と四阿山 かつてはひとつのお山だった
度重なる火山噴火によって間が吹き飛び ふたつのお山になったとさ

IMG_1605260494.jpg

NHKにっぽん百名山で予習した
向こうに見える北アルプスの峰々
雲と雪が重なっちゃって今ひとつだな

IMG_1605260497.jpg

手前の展望台がそのビューポイントだった訳だったが
ジュニアハイスクールのスチューデント達が休憩していたので
フロントへ出るためにパスしてしまったのだ

IMG_1605260501.jpg

根子岳を下りる道は岩場となる
噴火で吹き飛んだところだ
しかし危険を感じることはない



ヤッフー!
素敵な眺めではないか!
しかし急坂が待ち構えている模様…

IMG_1605260509.jpg

息を荒げてすれ違ったオジサン ダブルストックで根子岳を目指す後ろ姿
下りにはストックを使うが今はまだBD RPMの中 
BD ディスタンスコルクはとても具合が良い

IMG_1605262087.jpg

さっきはピークふたつの奥が高く それが四阿山のピークと思ったが
どうも手前の方らしい
奥のピークに名前は見当たらず 含めて四阿山ということで良いのか

IMG_1605260512.jpg

また根子岳を振り返る
とても美しいトレイルだ


IMG_1605260516.jpg

突然に森となる 変化に富んでいる
浅間山の外輪山の楽しさ


   

すっごく目立つぜ



IMG_1605262091.jpg

山の斜面は森となる ここへ来てとてもキツイ
シャリバテか 足を止めてカロリーメイトを頬張る
しかし口の中が渇き 飲み込むのに また ひと疲労

IMG_1605260518.jpg

さあピークが見えた
階段が曲者だな
いや この傾斜は階段であるべきだろう

      IMG_1605260519.jpg

ピークはそこだ
涼しい顔して行こうじゃないか
ふ〜

IMG_1605260523.jpg

山頂手前の祠
群馬県側の水を見守る 西宮 上州向き社


IMG_1605260524.jpg

山頂の祠
長野県側の水を見守る 東宮 信州向き社


IMG_1605262097.jpg

到着ということで良いか?!
四阿山 2,354m 12時27分
参考タイム3時間30分 を2時間50分 気持ちのゆとりは出来たな

IMG_1605262098.jpg

しかしそのピークを目指すか
ランチしながら考えよう
すでに3グループがランチ中

IMG_1605262099.jpg

根子岳を望む
腰を下ろしたいが平たいところがない
尖った岩をサーマレストシートで緩和させ尻を乗せた

IMG_1605260525.jpg

ガマンならず立って食らう 火器は持たなかった
新幹線に乗る前にコンビニで買ったカレードーナツがメインディシュだ
と カロリーメイトだが やはり喉を通らず諦める

IMG_1605260529.jpg

田代ことその向こうは浅間山
この間に怪しい雲が下りてきた
急いだ方がいい ストックを組み立てた

      IMG_1605260520.jpg

しかし嬬恋清水
これをやめたら物足りないじゃないか
往復20分 行っておくか

IMG_1605260531.jpg

そして空はこんなだ
もちろんまたすぐに悪化するかもしれない
良いも悪いも醍醐味だ

IMG_1605260534_2016053100192451b.jpg

長い階段 随分下ったよ
そしてそれをまた上るのさ
痺れる〜

   

iPhone 4K を構えて
嬬恋清水 2,179m
関東地方最高地点の湧き水

IMG_1605260541.jpg

オイシイ〜
しかしそれはシチュエーション故か 特別な味がする訳ではない
そして減ったはずは荷物はここでまた増えた…

      IMG_1605262101.jpg

やれやれ またこれを上り返すのか
しかし四阿山 山頂よりも
嬬恋清水ゲットの方に満足を覚えた

IMG_1605262102.jpg

帰路は根子岳へ戻らず中四阿方面へ
一応周回という形を取れる
時間に不安があった時点ではこの道をピストンしようかと考えた

IMG_1605262103.jpg

楽な山道だ
言い換えれば退屈?
下山道にはオススメ








IMG_1605260566.jpg

静かなる道 
「日本百名山」に含まれた要因は 北アルプス方面の展望? でもそれは根子岳だしな
深田久弥もスキーでの山行だった 山行ではなくスキーか その条件での百名山

IMG_1605260573.jpg

静寂を破って水の音が聞こえた こんな場所は大好きだ
その基準は とある一個人 あるいは一グループの偏見に満ちたもの
そして 季節 天気 時間 何処を歩いたか それでまた全然違うように見え 感じるものだ

      IMG_1605260574.jpg

この沢を渡渉
石の上を行けば良いが
雨後の増水時はそうは行かない?

IMG_1605262111.jpg

牧場に沿って歩く
終わりはすぐそこ

IMG_1605262112.jpg

四阿山登山口から
左に根子岳 右に四阿山
駐車場到着は16時 参考タイム通りだったら19時くらいになっていたな

IMG_1605260578.jpg

しかし駐車場の車は1台だけ
営業中ののぼりを発見
駆け込んで ソフトクリームください

           IMG_1605260581.jpg


菅平牧場 9:30〜10:50 根子岳 10:57〜12:27 四阿山 12:57〜13:13 嬬恋清水 13:27〜15:57 菅平牧場






八ヶ岳 閉ざされて

2015年12月2日




スーパーあずさ1号の車窓

八ヶ岳を巡る機会を得た
しかしそのチャンスは翌日 何処行こう
麦草峠をこの間と反対の白駒池 にゅうを歩くか
双子池でのあの宇宙をまた体験したいな 雪はどうなのだ 車で登山口まで行けるのか…
メルヘン街道 ビーナスラインは通行止め では南はどうだ
歩き始めが遅い アクセス アプローチが長い 日没前の下山は無理だな
ではこの際霧ヶ峰はどうだ 適した季節とは言えない 静かであろう こうでないと候補に遠い

霧ヶ峰を目指した 冷たいけれどもその清々しい空気に触れずにはいられない
窓を全開にした 雪のことなんてすっかり頭から消えた
しかし上るにつれ 凍結が現れた しかしそれは間もなく溶けてなくなるだろう
ワインディングロードを注意深くステアリングとアクセルを操作した
しかしカーブを抜けすぐ アイスバーンが現れ急ブレーキとなった
これはダメだ 
これは夏タイヤだ スタッドレスでも4WDでも あの光り輝く氷は止めるべきだ
決して広くないその道を何度も切り返し 車を下りに向けた

まあしょうがない 覚悟はしていた 何処か代替えは
思いつくこともない では雪を被った八ヶ岳を愛でながら帰るとする

途中の蓼の海を見つけ寄って見る

IMG_1512029725.jpg

蓼の海というが 池だな

IMG_1512029723.jpg

陽だまりの冷たい空気を愉しむ

IMG_1512021559.jpg



IMG_1512021562.jpg

メルヘン街道を走り 途中で車を止めた





IMG_1512021570.jpg

先月歩いた縞枯山と茶臼山 その風景に雪を重ねた

IMG_1512021569.jpg




北八ヶ岳 茶臼山 縞枯山を巡る

2015年11月12日
麦草峠 〜 茶臼山 〜 縞枯山 〜 雨池峠 〜 麦草峠

IMG_1511129542.jpg


新宿発 7時ちょ〜どの〜 スーパーあずさ1号に乗って 

いつもは右側 今日は左側の窓の景色 南アルプス


IMG_1511129550.jpg


茅野で車に乗り換えてメルヘン街道 左から蓼科山 北横岳 縞枯山 茶臼山 
今日は右端の麦草峠から茶臼山 縞枯山 雨池峠 雨池 麦草峠へと周回する 
周回とはいいね ピストンは損をした気がする 


IMG_1511121453.jpg


歩き始めたのはもう11時! 移動買い物展望台寄り道準備 思いの外時間を掛けてしまった…

山と高原地図のタイムでざっと4時間半 その通りに歩くことが出来れば日没に間に合うのだが


IMG_1511121454.jpg


写真に時間を掛ける上に歩きはノロい そしてこの上り下りはとてもシンドイ記憶が… 

その時はテン泊初心者で 笑っちゃう程の大荷物だった しかし今日はウルトラライト!…?


PB151112120169.jpg


この森に入る この感触 匂い 肌触り タマラナイ

濾過されて 素になって 抑え込んでいた五感が開放されて騒ぎ出す


PB151112120172.jpg


しかし眠い 非常に眠い この森の仕業なのか…

永遠の眠りに落とし 蔓を巻き付け 根を這わせ吸い取ろうと…


IMG_1511121460.jpg


この森に取り込んでしまおうという魂胆だな!

それは悪くないかも…


      IMG_1511121466.jpg


緩いが長い永〜い上り ああしんどい そういつだって歩き始めは辛いのだ 

始めた事を後悔してしまうほど


IMG_1511121472.jpg


中小場 茶臼山はその向こうにあって まだ始まっていないのであった

ここでもう12時だ ランチの時間ではないか 急ご


PB151112120175.jpg


匂う森 薫る森のほうが綺麗だが違うな 匂う森だ

鳥の声も無く 風も無く 音は乱れた呼吸だけ


      IMG_1511121473.jpg


さらに傾斜を増して ああシンドイ まったく足が前に出ない

今日は RPM 駆け抜けられるものと思っていたが… やれやれ情けない


      IMG_1511121476.jpg


ここからが茶臼山というのかな

まだまだ続く…


IMG_1511121477.jpg


やっとの茶臼山ピーク

パッとしないピーク さあ展望台へ向かうのだ!


   
   そうそう 新しい iPhone6S Plus を持っていたのに何故それで撮らなかったのだ…




ぐるっとPhotosynth




IMG_1511129566.jpg

ヤッフー!南八ヶ岳



IMG_1511129567.jpg

南アルプス



IMG_1511129568.jpg

中央アルプス



IMG_1511129569.jpg

御嶽山



IMG_1511129570.jpg

北アルプス



IMG_1511121479.jpg

白馬?



IMG_1511121480.jpg

穂高と槍



IMG_1511121481.jpg

御嶽山



IMG_1511121488.jpg

北岳 甲斐駒ヶ岳 仙丈岳

切りがない…


IMG_1511121485.jpg


いつまでもシャッターを切り続けた 悔いが残らないように

まだまだこうしていたいが


      IMG_1511121483.jpg


歓喜の声がした ナイスミドル夫婦

続いて三人組 ガイドを連れた父子


IMG_1511129576.jpg


風が叩き付け非常に寒い これまでの汗が急激に冷え震える

まだ先がある 行こう


      IMG_1511121493.jpg


縞枯山を目指す


IMG_1511129579.jpg


縞枯の枯れだ


      IMG_1511129582.jpg


あれがピークだったか いや展望台への分岐

こちらの展望台を前回はパスしたのだった その光景や如何に


IMG_1511129583.jpg

  
振り返ると 茶臼山


   
   ああ何故 iPhone6S の4K動画を用いなかったのだ


IMG_1511129584.jpg


岩をよじ登り 茶臼山と同じ景色 しかしこちらの方がより広角

やっぱり寒いな 風に体が煽られる 長居は出来ない


IMG_1511129585.jpg


その背面には 浅間山が望めた

浅間山から見た八ヶ岳は 雲海に浮かぶ軍艦のようだったな


IMG_1511129593.jpg


途中邪魔になって置いてきたストック 道しるべになって良いな
しかし最近のオレは… 家に帰って車から荷下ろしをしている時に あっストック…ってなことになりそ
目を離すなよ


IMG_1511121509.jpg


しかし山頂はまだ先であった まだ上るのか

速度が上がらない シャリバテだ カロリーメイトで凌ぐか いや昼メシまでガマン


IMG_1511129599.jpg


縞枯山ピーク手前 絶景!




IMG_1511129604.jpg


縞枯山頂 地味だな ランチスポットに向かない

ランチは雨池でとしていたが もう既に14時になる お腹空いた 雨池峠へ急ご


      IMG_1511129609.jpg


時間に追われる 落ち着ける場所がない ハイドレーションで飯を喰う?
ハイドレーション食なんてどうだ チリトマトヌードルをゲル状にして 宇宙食みたいだ 混ざったチリ
トマトヌードル いわゆるチリトマトヌードル味ではだめだ ヌードル トマトなどのパーツはそれぞれ
独立していて 口の中で全パーツを舌が認識し 確認しながら味わい頂くのだ


PB151112120179.jpg


実はカレーヌードルにするか迷ったのだ そうだチリトマトとカレーのリフィルパックを混ぜるという手が
あったな あの名作イタリアンカレーヌードルには程遠かったが 名作ゆえそう簡単には再生出来ないとい
うもなか バジルとエクストラバージンオリーブオイルを忘れてはならない
雨池峠までに3回転げたが 妄想との因果関係はつゆ知らず


      IMG_1511129615.jpg


雨池行きは止めた 省いたところで時間の差はたかが知れているが 日没を考えると僅かでも縮めたい
ここで大休止 腰掛けたい テーブルにしたい石はなく立食となった 形も悪いがそれ以上に湿っている
山専ポットのおかげで湯を注ぐだけ 


        IMG_1511129624.jpg


しばらくは退屈な大石川林道を歩く
この大きな砂利はとても歩き辛い 足を取られる そして転んだ
石や排水ネットの鉄板に叩き衝けた いつもの華麗なる受け身をする間もなく
ああ痛い…生涯片手に入る痛さだ 思わず座り込む やばいこのまま日没を迎える訳にはいかない


IMG_1511129636.jpg


痛みは次第に引くものの左膝だけは痛みを増していく 

やれやれ この森ではいつも痛みを引きずって歩いているな


      IMG_1511129629.jpg


見た目には美しい苔の石も 歩くには滑って障害となる

左膝をかばうも余計に衝撃を与えてしまったりする


IMG_1511121514.jpg


太陽の光りは次第に届かなくなり 気温は急激に落ちている

この心地よい森も 厳しい面を見せてくる


      IMG_1511129634.png


あとどのくらい? GPSは心の支えだな

もうすぐ終われる けれど終わってしまう



ぐるっとPhotosynth




      IMG_1511129645.jpg


終わりが見えた


IMG_1511129646.jpg


麦草峠 16時半 5時間半 悪くない 始めたのが遅いのだ また来よ!


IMG_1511129649.jpg


日は沈もうとしていた 寒い! 車あ示す車外気温2度!


IMG_1511121519.jpg





IMG_1511121522.jpg


麦草峠 11:00 〜 12:35 茶臼山 12:55 〜 13:25 縞枯山 14:00 〜 14:20 雨池峠 14:35 〜 16:30 麦草峠